あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

良性発作性頭位めまい症(BPPV)

良性発作性頭位めまい症とは

内耳にある耳石の一部が剥がれ、体のバランスを感知するセンサーの役目をする三半規管に入り込んでしまったことで発症します。めまい疾患の中ではもっとも多く、全症例の20~40%を占めるとされています。
寝る、起きる、寝返りを打つなど頭を急に動かした際に、自分自身や周囲がぐるぐると回転しているようなめまいがおこります。個人差はありますが、数十秒で治まります。良性発作性頭位めまい症の“良性”は、腫瘍の“良性”とは意味が異なり、後遺症を残さず治りやすいという意味で用いられています。

症状と原因

頭を動かす動作や朝起きようとして枕から頭を上げる時、急激な回転性のめまいがおこります。めまいは長くても数十秒程度で消失します。特定の頭の位置をとると、めまい発作を繰り返すことが特徴的です。吐き気をともなうこともありますが、難聴や耳鳴りなどの聴覚の症状はあらわれません。

体験談

体験談を見るにあたって

良性発作性頭位めまい症は末梢性めまいに分類されるため、耳鼻科で診断や治療を行います。また、原因によって治療法が異なり、理学療法や薬物療法を選択して行います。近年はEpley法(エプリー法)とよばれる理学療法と薬物治療が代表格とされ、日常生活の中で、積極的に体を動かすことやウォーキング、ヨガなどの運動をすることも症状の改善につながるとされています。

更新日:2017年02月08日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす