あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の尿路変向術の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「尿路変向術」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんの尿路変向術を経験された方の体験談を掲載しています。
良いと思ったから。代替膀胱の日常を含めメンテナンスが必要ないこと。 (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-1件目を表示/全1件

尿路変向術とは

根治的膀胱全摘術にて膀胱を摘出した後、尿を体外に排出するための手術「尿路変向術」を同時に行います。主に3つの術式があり、症状や体力により選択されます。
「回腸導管」は、腸管で作られた回腸ループという通路を通して、腹壁に開けた穴から尿を排出させます。
「自排尿型代用膀胱形成術」は比較的新しい術式で、膀胱の代わりになる袋を腸管に作り尿をため、その袋を尿管と尿道につなぎます。
「尿管皮膚瘻(ろう)造設術」は、切断した尿管を皮膚に縫い付けてストーマとする方法です。

尿路変向術の詳細はこちら

更新日:2017年07月07日