あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の膀胱内注入療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「膀胱内注入療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんの膀胱内注入療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
先生に一切任せていたので、こちらから他の方法を希望することはなかった (70代以上男性)」や「膀胱がんの再発率は普通(50%以上)であり悪性度が中の下であり2回目の手術で癌は発見されなかったものの再発した場合膀胱全てを取る可能性があるとの医師の説明でやることに決めた (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-22件目を表示/全22件

膀胱内注入療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

治療後の再発予防を目的として、TUR-BT後に行われている後療法です。
組織検査の結果、上皮内がん、または高リスクタイプと診断された筋層非浸潤性膀胱がんに対して行われます。
TUR-BTから2週間後以降に、尿道から膀胱に挿入したカテーテルを通し薬剤を注入します。
主にBCG(弱毒結核菌ワクチン)や抗がん剤「マイトマイシン」などが使われます。

膀胱内注入療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2018年07月06日

膀胱内注入療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談