あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の抗がん剤即時単回注入法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「抗がん剤即時単回注入法」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんの抗がん剤即時単回注入法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
身体への負担も軽いため。仕事も続行できるから。手術前の事前治療として。 (60代男性)」や「いくつかの治療方法の提案があり、担当医師の推薦があった治療方法 (60代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-2件目を表示/全2件

抗がん剤即時単回注入法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

治療後の再発予防を目的として、TUR-BT後に行われている後療法です。
組織検査の結果、中リスク以外にも、低再発、低進展リスクと診断された筋層非浸潤性膀胱がんに対しても行われます。
TUR-BT当日、または24時間以内に、尿道から膀胱に挿入したカテーテルを通して抗がん剤を注入し、薬剤を膀胱内に接触させます。
主にアントラサイクリン系抗がん剤「エピルビシン塩酸塩」や「ビラルビシン」を投与します。

抗がん剤即時単回注入法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2018年11月20日

抗がん剤即時単回注入法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談