あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の膀胱温存療法の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「膀胱温存療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんの膀胱温存療法を経験された方の体験談を掲載しています。
初期の軽い症状でしたので、定期検査だけ行っていました。他には何も行いませんでした。 (60代男性)」や「そのままにしておくと当然腫瘍が広がります。ただその時点では急を要する手術ではありませんでした。 (40代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-3件目を表示/全3件

膀胱温存療法とは

TUR-BTで可能な限り腫瘍を切除した後、放射線治療と化学療法を同時併用する化学放射線療法を行います。その後、再度TUR-BTを行い、腫瘍の残存および病期を評価します。
化学療法にはシスプラチンの単剤または多剤併用が選択されます。

膀胱温存療法の詳細はこちら

更新日:2018年11月13日

膀胱温存療法以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす