あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)のGC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「GC療法」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんのGC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を経験された方の体験談を掲載しています。
何をおいても膀胱温存を第一に考えたこと、さらに膀胱温存療法で成功し実績があり、信頼できると判断した。 (70代以上男性)」や「医師が言うとおりした何の意見も聞かれなかったし、知識もなかったし・・・ (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-8件目を表示/全8件

GC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)とは

がんがリンパ節や他の臓器に転移している場合、膀胱を全摘出しても再発や転移する可能性が高いと判断された場合は、術前あるいは術後に化学療法が行われます。
GC療法は、抗がん剤「ゲムシタビン」と「シスプラチン」を組み合わせて投与する治療法で、放射線療法を併用することもあります。

GC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の詳細はこちら

更新日:2018年11月20日

GC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談