あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt、経尿道的膀胱腫瘍切除)の体験談

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の「経尿道的腫瘍切除術」に関する体験談をまとめています

このページでは、膀胱がんの経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt、経尿道的膀胱腫瘍切除)を経験された方の体験談を掲載しています。
主治医が初期の状態なので見える部分の切除で対処可能とのことであり、表皮性があればBCGで対処出来るとの言葉を信じた。 (50代男性)」や「検査で確定した進行具合で、内視鏡手術で除去する治療が確実で間違いないという事だった。 (50代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全65件

経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt、経尿道的膀胱腫瘍切除)とは

全身麻酔または腰椎麻酔(下半身麻酔)を行い、尿道から専用の膀胱鏡を膀胱に挿入し、腫瘍を電気メスで切除します。
がんの診断を兼ねた治療法です。
組織検査の結果、高リスクタイプのがんと判断された場合や腫瘍が残っている場合は、再度TUR-BTを行う「2nd(セカンド) TUR-BT」を実施することもあります。

経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt、経尿道的膀胱腫瘍切除)の詳細はこちら

更新日:2018年03月14日

経尿道的腫瘍切除術(TUR-Bt、経尿道的膀胱腫瘍切除)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談