あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がん(膀胱の悪性腫瘍)の体験談

初期だったので、どちらかといえば簡単な手術になりました。難しいものではないので。

患者との関係:本人患者:40代男性治療時期:Dec-15

膀胱がんとは

腎臓でつくられた尿を貯める膀胱の内側をおおっている「尿路上皮」という細胞に生じる悪性の腫瘍です。
がん細胞が上皮にとどまっているものを「筋層非浸潤性膀胱がん(表在性膀胱がん)」といい、がんが拡がって筋肉にまで浸潤したものを「筋層浸潤性膀胱がん」といいます。さらに浸潤が進むと他の臓器やリンパ節へ転移することもあります。
喫煙が主な原因のひとつであることがわかっています。

膀胱がんの症状

満足度

きれいに切除していただいたので、今後はおそらく大丈夫ではないかと。

副作用

治療履歴

病気と症状について

ステージI
初期の段階で見つかり、それからの治療となりました。
手術で腫瘍部分を取り切ったので、あとはたまに通院だけで様子をみていくこととなりました。
いまのところは問題なく順調に回復しています。

参考:膀胱がんにかかった他の人の症状は...?

突然血尿が出て、検査の結果膀胱癌と診断され、1か月後に手術し...

(続きを読む)

2005年12月に血尿で個人病院に行ったら上皮内癌ステージ3...

(続きを読む)

膀胱がんにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜGC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)を選んだか

初期だったので、どちらかといえば簡単な手術になりました。
難しいものではないので。

参考:他の人がGC療法を選んだ理由は...?

初期がんなので、がん摘出手術だけで抗がん剤や投薬治療、放射線...

(続きを読む)

いくつか外科、内科的方法を説明されたが比較的症状が軽い、直接...

(続きを読む)

他の人がGC療法を選んだ理由をもっと読む

GC療法とは

がんがリンパ節や他の臓器に転移している場合、膀胱を全摘出しても再発や転移する可能性が高いと判断された場合は、術前あるいは術後に化学療法が行われます。
GC療法は、抗がん剤「ゲムシタビン」と「シスプラチン」を組み合わせて投与する治療法で、放射線療法を併用することもあります。

「GC療法」の概要

GC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の効果について

もともと初期の段階での手術だったので、抗がん剤をつかってまでの入院手術ではないです。
痛みをなどはないですし、普段の生活でたまたま血尿がでたので受診してみると腫瘍ができているという感じです。

参考:他の人が感じたGC療法の効果は...?

尿道から直接内視鏡で患部を直接焼ききる方法 半身麻酔で出血...

(続きを読む)

他の人が感じたGC療法の効果をもっと読む

治療期間

入院1週間

治療に関する費用

入院10万円 薬 月3000円

副作用について

副作用はないです。手術ですべて切り取ったので、あとは経過観察です。

参考:他の人が感じたGC療法の副作用は...?

薬や放射線など副作用が起きるような治療は無かったので...

(続きを読む)

抗がん剤は一回しか投薬しておらず、副作用はなかった...

(続きを読む)

他の人が感じたGC療法の副作用をもっと読む

膀胱がんを患っている方へのアドバイス

もともと、そんなに重度の腫瘍ではないので、ステージIですから入院手術も短く、早く退院できました。ですので他の患者さんよりかは軽度の部類に入ると思うので、特にはないです。普段の生活でも苦になることはほぼないので。

参考:膀胱がんを経験した他の人のアドバイスは...?

食事療法や、免疫療法など手術や薬、抗がん剤以外の①やるべきこ...

(続きを読む)

特に感じたことはないが、だれでも病気になるリスクはあるという...

(続きを読む)

膀胱がんを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年12月03日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

膀胱がんの体験談をもっとさがす

GC療法(抗悪性腫瘍薬、抗がん剤)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす