あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

膀胱がんに関する質問

膀胱がんの経尿道的腫瘍切除術治療について

1998 さん

関係:ご家族

患者情報:80代男性 治療期間: 〜3ヶ月

80歳の義父です。義父は23歳時から仕事の怪我により「化膿性股関節炎による左股関節の機能障害」と認定されています。自立歩行でき、車椅子は一切使っていませんが、あぐらをかくことは出来ません。先日、経尿道的腫瘍切除術を受けることになり、下半身麻酔をして手術を開始しましたが、医師の説明によると「股関節が余り開かないため、医師が義父の脚の間に入れず、幹部まで器具が届かず手術ができないで終了した」との事でした。そんなことってあるのでしょうか。
出来ないとすれば、今後どうのような手術や治療をすれば良いのでしょうか。
義父が身体障害者で脚が悪いのは一目瞭然ですし、外来に行った時から説明してあったのに、手術の現場で出来ないなんて、父が気の毒で・・・。前立腺の検査結果を聴いたら、転院しようと思ってはおりますが。

1
みんなの回答数:1 件
投稿日:2016年11月24日 投稿ID:2854

みんなの回答(1件)

  • 匿名さん

    関係:ご家族

    患者情報:70代男性 治療期間: 〜5年

    私の父も5年前に膀胱癌で入院して治療を行いました。膀胱癌の治療として切開などもするのですが病気自体難しいので完治するかは分かりませんと言われました。治療の方法としては抗がん剤や放射線治療を行いました。症状は和らいだのは間違いなかったので、他の病院でも一度診てもらいに行くのも良い方法だと思います。今通っている病院に新たな病院を紹介してもらうのが良いかと思われます。病院の紹介だと結構腕の良い医師を紹介してくれる可能性はあります。

    0
    投稿日:2016年12月08日投稿ID:3683
    • 2302 さん

      関係:ご家族

      患者情報:30代男性 治療期間: 〜1ヶ月

      わざわざご回答いただき、ありがとうございます。
      本日、前立腺にはガンがない、と分かりました。
      大学病院に紹介状を書いて貰う事にしました。

      0
      投稿日:2016年12月08日
      投稿ID:824

あなたの回答をお伝えください

あなたの優しさがお悩みの方の力になります

会員登録して経験を書こう(無料)



すでに会員登録がお済みの方は、ログインしてください