あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

双極性障害に関する質問

50代の女性、双極性障害2型です。若い時に過労から体を壊したのをきっかけに...

4593 さん

関係:本人

患者情報:50代女性 治療期間: 10年以上

50代の女性、双極性障害2型です。若い時に過労から体を壊したのをきっかけに鬱病になり、その後、何年かして結婚したのですが、夫はお酒に溺れて、普段はろくに口もきかず、という状態で、常に夫の顔色に怯える日々でした。
鬱病で仕事も辞めていた私は、やっと幸せになれるかと思った結婚が悪夢のようで、奈落の底に落とされた気がしました。
辛くて死ぬことばかり考えて過ごしました。

結局悩み抜いた末に別居に踏み切ったのですが、双極性障害の症状が出始めたのはちょうど別居した頃だった、と思います。
当時は、ただ睡眠障害がひどくなった、くらいにしか考えていなくて、あまりの寝不足でハイテンションになっているんだ、と思い込んでいました。

2年前にやっと双極性障害との診断がつき、リーマスを飲んでいます。

最近、ある脅迫観念から脱却したくて、カウンセリングを受けるようになったのですが、ちょうど先日から久々に躁状態になり、
そのこともカウンセラーの先生に話しています。

双極性障害の発病原因の一つにストレスがある、と聞き、夫との過去の経緯が関係あるのだろう、と自分では思っています。

でも、今さら原因探しをしても仕方ないから、という気持ちもあり、このことをカウンセリングで話題にするべきか迷っています。

過去の事実にある意味の区切りをつける、ということができるなら、話してみたいのですが、暗い過去を追体験するのも逆効果
かも、とも思います。

双極性障害も、自分の気持ちを整理することで、快方に向かうということもあるのでしょうか?

2
みんなの回答数:0 件
投稿日:2018年04月23日 投稿ID:5793

    あなたの回答をお伝えください

    あなたの優しさがお悩みの方の力になります

    会員登録して経験を書こう(無料)



    すでに会員登録がお済みの方は、ログインしてください