あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ベーチェット病

ベーチェット病とは

公費負担の対象疾患で、指定難病でもある病気です。口腔粘膜、外陰部、皮膚、眼の4つに主症状として潰瘍ができる、慢性再発性の全身性炎症疾患です。
原因は現在も不明ですが、何らかの遺伝素因に感染病原体やそのほかの環境因子が加わり、白血球の機能が過剰となり、炎症をひきおこすと考えられています。

症状と原因

下記のような症状があらわれます。口腔粘膜の潰瘍から発病することが多いとされ、すべてが同時にあらわれることは少ないとされています。
■口腔内粘膜のアフタ(口内炎)性潰瘍
■陰部(男性は陰茎から陰嚢、女性は外陰部から膣内)の潰瘍
■皮膚の結節性紅斑や毛膿炎(にきび)様の湿疹
■眼の前眼部や網膜などにぶどう膜炎

体験談

体験談を見るにあたって

第一選択薬にはコルヒチンが使用されますが、疾患活動性や重症度を考慮し、優先順位を決めて治療法を選択していきます。
また、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤などの副作用に十分な注意が必要です。

更新日:2016年03月22日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす

関連する病気