あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗菌薬(抗生物質)亀頭包皮炎

概要

セフカペンピボキシル塩酸塩やレボフロキサシン水和物など炎症の原因となる細菌を殺す薬を飲むことで治療を行うことがあります。また、フシジン酸ナトリウムのように薬をぬることで細菌を殺すものもあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

塗り薬を直接おちんちんの先端に塗るのは抵抗があり、子供も触るのを嫌がったので。 飲み薬は、抗生剤ということで体へ負担があるかもしれないが、食後に飲ませるだけで手軽だったから。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

実際に感じた効果

投薬の翌日から腫れが治まり始め、薬を飲み終わる4日後には完全に治っていましたので、塗り薬も終了しました。最近は、子供が一人で入浴するようになってきているので、時々一緒に入って、汚れがたまっていないか、再発しないように洗い方をチェックするようにしています。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

実際に感じた副作用

副作用はありませんでした。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

実際にかかった費用

市で医療費の助成があるため無料。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

更新日:2016年10月26日

参照元:(医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。