あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

亀頭包皮炎の治療法

  • 更新日:2016年10月26日

    概要:
    セフカペンピボキシル塩酸塩やレボフロキサシン水和物など炎症の原因となる細菌を殺す薬を飲むことで治療を行うことがあります。また、フシジン酸ナトリウムのように薬をぬることで細菌を殺すものもあります。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    概要:
    カンジダ菌が原因により、症状が発症している場合に、原因の菌を殺す薬を使用することがあります。ラノコナゾールやクロトリマゾールなどの薬を塗ることがあります。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    概要:
    赤みやかゆみがひどい場合には、炎症を和らげる目的で、ステロイドを含んだ薬を用いることがあるとされています。アレルギー症状をおさえる効果があるとされます。デキサメタゾンの他、ヒドロコルチゾン酪酸エ...
    詳しく見る
  • 更新日:2016年02月18日

    概要:
    包茎により症状を何度もくり返してしまう場合、包皮の切除を行う治療法です。
    詳しく見る

参照元:(医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

亀頭包皮炎についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす