あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

細菌性肺炎

細菌性肺炎とは

細菌が気道から侵入したり血液を介して肺に侵入し、肺が急性の炎症をおこす病気です。高齢者の方や基礎疾患のある方に発症する場合が多いとされています。
主に発熱や咳、膿性の痰などの症状がみられます。
細菌性肺炎にはさまざまな原因菌があります。
感染経路による分類があり、病院に入院中の方が感染する院内肺炎と、それ以外の市中肺炎に分けられます。

症状と原因

主な症状としては38度以上の発熱、激しい咳、黄色や緑色の膿性痰、倦怠感、胸の痛み、食欲の低下などがあげられます。

体験談

体験談を見るにあたって

心筋梗塞、心不全、脳梗塞を引きおこす可能性があります。
また、小さな子どもが肺炎球菌により細菌性肺炎にかかった場合、細菌性髄膜炎を合併する可能性があるため注意が必要です。

更新日:2015年11月30日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす