今まさに、あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

自律神経失調症の体験談

怖くて不安でしんどくて、というときにゆっくり効いている薬だと思います。デパスも効きますが、まれに眠気が少しあります。私は入眠障害もあるので、ハルシオンも効いています。日中の不安や焦り、肩こりには筋肉緩和作用もあり眠気も起きないのでレキソタンを重宝しています。偏頭痛があるので、そのときにはスマトリプタン(イミグランのジェネリック)とロキソニンは必須です。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2016年2月
抗不安薬レキソタン
満足度

少しはマシになったのかな?と思うからです。
まだ、貧血や頭痛、倦怠感、摂食障害(主に今は過食傾向)などで苦しいです。
でも、薬があるという安心感と、少し落ち着ける時間が増えたと思っています。

副作用

治療履歴

自律神経を指摘されるまでは、2010年に、パキシル、デプロメールなどSSRI、ノリトレン、アモキサン、アナフラニールなどの三環系の薬、最新と言われるレクサプロ、様々な薬を飲みました。
2012年ごろには、胃が悪くなってやめましたが柴胡加竜骨牡蛎湯、甘麦大棗湯、桂枝加竜骨牡蛎湯などなど。
自律神経失調症と言われてから。
今年2016年春頃から、
不安:レキソタン、デパス
胃:ガスモチン
眠剤:ハルシオン
頭痛:スマトリプタン、ロキソニン
です。

病気と症状について

昔から不眠や不安はありましたが、そんなものだと思っていました。
10年弱前の新入社員時代に、動悸、過呼吸、しなきゃだめなのにできない、という状態になり、上司に受診を勧められて精神科へいきました。
ずっと、不眠、不安障害、時には解離性障害、うつ、などと言われてきました。
転職を数回し、医者との相性もなかなか合わず病院を転々としました。漢方内科を訪ねたこともありましたが、漢方薬で胃が余計悪くなった気がしてやめました。
そして、知人の紹介で通院し始めたクリニックで、うつや強迫、摂食障害、パニックなどに加えて「自律神経失調症」と言う言葉を言われました。重症や軽症などの言い方はされていませんが、長い時間をかけてなった症状は、なかなか治らないとは言われました。
自律神経という病名はなく、自律神経が乱れている、ということを示すとも聞きました。
頭痛や胃もたれ、朝起きられない、倦怠感がひどい、全部ひっくるめて自律神経の乱れとも言えるそうです。
「手が暖かくなってきた」と瞑想する自立訓練法の紹介もありました。

なぜ抗不安薬を選んだか

怖くて不安でしんどくて、というときにゆっくり効いている薬だと思います。
デパスも効きますが、まれに眠気が少しあります。
私は入眠障害もあるので、ハルシオンも効いています。
日中の不安や焦り、肩こりには筋肉緩和作用もあり眠気も起きないのでレキソタンを重宝しています。
偏頭痛があるので、そのときにはスマトリプタン(イミグランのジェネリック)とロキソニンは必須です。

抗不安薬の効果について

ベンゾジアゼピン系の薬は、抗不安薬や睡眠薬で多く使われています。ほとんどがこの系統ではないかと思うほどです。
その中でもいろいろな薬を試しました。
長期型、短期型、中間型、薬の強さも様々です。しかし、人によって「作用が強い」と言われる薬よりも一般的には「弱い」と言われているほうが効いたりするので、飲んでみないとわからないのが正直なところです。
今は対症療法ですが、レキソタンを中心に安心感を得られるように、抑うつ状態もなくなるように、と思っています。
栄養をとること、過食傾向にならないこと、運動もプレッシャーにならない程度に行うこと、まだちゃんとできてませんが、これからの目標でもあります。

治療期間

約1年ぐらいの外来受診

治療に関する費用

2週間ごとの通院なので1回約1500円として、約3000円/1ヶ月

副作用について

言われてみれば、レキソタンにも多少の眠気はあったかもしれませんが、私には大したことがなかったです。
仕事中に薬の影響で眠気がくることもありません。

自律神経失調症を患っている方へのアドバイス

何が原因でこんなにしんどいのか、周りのみんなはちゃんと朝起きて働いて生活できているし親孝行もできている、ただの怠けものでろくでなし、と思っていました。
今も少しは思っていますし、親不孝だとも思っています。早く親孝行したい、とも。
でもどんなにあがいてもすぐに治るものではないんだと思いました。長い期間をかけて作られた症状は、やはり長い期間をかけてゆっくり治すと言われたとき、ちょっと納得しました。
ただ、周りから見れば怪我をして包帯を巻いているように目では見えない症状なので、わかってもらえるほうが少ないです。だからと言って自分から「こんな症状だから仕方ないんだ」というのも言い訳、逃げ、にしか私には感じません。
ですので、自分にも周りにも優しくいたいと思います。迷惑をかけたり、助けてもらったら感謝の気持ちを忘れないように、と思います。
自分の症状は、自分にしかわかりませんし、似た症状でもその人のことはわかりません。
なったことがない人には、もっとわかりません。理解してもらおうとするとお互い辛いですし、関係が悪くなってしまうかもしれません。
お互いが思いやりを持って、できることをできるだけの力でやれたら、と思います。
苦しくてしんどくて投げやりになって、生きてるのも嫌になって、動けなくなることもいっぱいあると思います。私もそうです。
でも、少し元気なときは、薬ともうまくつきあって、少し体を動かして、寛解を目指していけたら、と思います。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。

掲載日:2017年01月06日
気になる点を報告

自律神経失調症について実際に質問してみる

自律神経失調症の体験談をもっとさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

自律神経失調症に関する質問