あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

自律神経失調症の体験談

頭痛、肩凝り、胃痛などを感じる時に飲むと、不思議と肩の張りが改善されたように感じたからです。あと、眠たくなりますが、心地よく眠りに入っていけるので、短時間でも眠れれば気分が改善していました。

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2016年6月
抗不安薬アルプラゾラム
満足度

体の症状がとても辛い時はサインバルタやレクサプロなどの抗鬱薬と一緒に服用していました。一錠では無く、半分に小さく割って飲むだけでも、体の痛みが緩和されたからです。

副作用

治療履歴

2016年6月:漢方 通導散、六君子湯、柴胡加竜骨牡蛉湯、呉朱萸湯など服用
2016年6月:アルプラゾラム服用
2016年7月:エバミール、ソラナックス服用
2016年8月:エバミール、アルプラゾラム、レクサプロ服用
2016年9月:エバミール、アルプラゾラム、サインバルタ服用

病気と症状について

毎日、寝ても疲れが取れず、朝一番から、もう疲れ切ったような体の重さを感じていました。また、目眩や締め付けるような頭痛、肩こり、吐き気も頻繁に起きて、お腹が減るという感覚が無くなり、体温調節もうまく出来ない状態でした。仕事をしていても、とにかくめまいや頭痛が辛いので、病院へ行ったところストレス性の自律神経失調症ですね、と言われました。

なぜ抗不安薬を選んだか

頭痛、肩凝り、胃痛などを感じる時に飲むと、不思議と肩の張りが改善されたように感じたからです。あと、眠たくなりますが、心地よく眠りに入っていけるので、短時間でも眠れれば気分が改善していました。

抗不安薬の効果について

1日でも薬の効果は感じましたが、体の症状が改善していくまでには、時間がかかりました。治療をはじめて、ひと月以上経った頃に、少しずつ、体の痛みが無くなってきたように感じ始めました。3ヶ月くらい掛けて、治療前の症状はほぼ無くなってきたかと思います。
現在は、食欲も沸き、日中も外へ出かけたり家事をしたり普通の日常生活が送れるようになってきました。

治療期間

3ヶ月

治療に関する費用

一ヶ月:3000円

副作用について

眠気は毎回感じました。また喉が乾きやすく、口の中がカラカラになることもありました。抗鬱薬と一緒に飲むようにしてから、便秘もするようになりました。

自律神経失調症を患っている方へのアドバイス

きちんと病院で診断を受ける前は、ただ疲れているだけだろうと、体の不調をかなり我慢して、無理矢理自分を奮い立たせて仕事と家事を行っていました。きちんと病院で自分に合うお薬を処方して頂き、早めに治療を開始することが自分の体の為でもあり、仕事のためでもあり、家族の為でもあると痛感しました。
薬の服用を開始すると、眠気が強く出る事があるので、どうしても何か重要な予定が有るときには、薬を少なめに調節したほうが良いです。
またお酒と一緒には飲めないので、気をつけてください。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年11月10日
気になる点を報告

自律神経失調症について実際に質問してみる

自律神経失調症の体験談をもっとさがす

抗不安薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす