あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

自律神経失調症に関する質問

病院に受診されたきっかけは何でしたか?私はふと気がついた時には自分ではコントロール...

匿名さん

関係:本人

患者情報:20代女性 治療期間: 〜3年

病院に受診されたきっかけは何でしたか?私はふと気がついた時には自分ではコントロール出来ない感情の起伏やイライラが起きるようになりました。不眠にもなり、簡単な睡眠薬を飲まないと眠れません。ただ目に見えて風邪のように熱が出たみたいな症状は出ないので、自分でもなかなか気が付きにくいし、周りの家族にもただ機嫌が悪いだけじゃないかと理解されにくいです。周りの家族のフォローはどのようにうけられましたか?また少しでも症状が良くなった生活リズムなど知りたいです。

0
みんなの回答数:6 件
投稿日:2016年08月01日 投稿ID:65

みんなの回答(6件)

  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:15歳未満(中学生)女性 治療期間: 10年以上

    ほとんどの精神疾患に付随するものと思います。まず規則正しい生活を心がけ、昼夜逆転生活等を正すと、それだけで随分違います。私は仕事の都合上、規則正しい生活をすることが出来ず、随分苦労しました(介護職)。今も少しでも睡眠時間・食事などが不規則であると辛くなります。鬱などに移行してしまう事も考えられるとおもうので、現状で嘆かずゆっくりと息抜き、適度な気晴らしをオススメします。それが簡単に出来たら苦労はしませんが「焦らない・出来る時だけ」と心に余裕を持てる日々を模索して、自分に合った物をゆっくり探すといいと思います。

    0
    投稿日:2016年08月03日投稿ID:154
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:20代女性 治療期間: 〜3年

    私が自律神経失調症と判明したのは、小学校4年生の時でした。毎日普通の生活をおくっていたのですが、ある日突然急激な身体のだるさと無気力感を覚え学校を休みがちになってしまいました。学校の先生やクラスメイト、家族が心配してくれる中ただただ学校には行きたくない、何もしたくないという日々が続き毎日自宅で横になる生活を過ごしました。とくに目に見える体調不良はなく、発熱や下痢などもありませんでした。無気力になって家族との会話さえも面倒に感じてきていた頃、母と内科で診察してもらうことになりました。問診、内診、血液検査をしてもらい診断は「自律神経失調症」。心のダメージやストレスが原因だと言われ、小学生の私にはよく理解できないままに診察は終わりました。いつの間にか、それまで通り学校に通うようになり普通の生活をおくれるようになったのですが、今あの頃を振り返ると当時両親が離婚問題でもめているのを毎日目の当たりにしていたので、子どもの心にはその大きなダメージが受け入れられなかったことが原因だったのかなと思います。

    0
    投稿日:2016年08月03日投稿ID:153
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 匿名さん

    関係:本人

    患者情報:20代女性 治療期間: 〜半年

    頭痛(特に朝起きた時が酷い)、腹痛(下痢を伴うこともあり)、立ちくらみが頻繁に起こり、日常生活に支障が出始めたので受診しました。そのころは子どもながらにストレスが多かったため、そういったものが体調面に表れたのだなあと診断結果にはすんなり納得しました。両親も理解を示してくれて、投薬治療をしながら学校に通っていました。その結果一度は完治したものの、また何年後かにストレスによる自律神経失調症を発症しました。発症しやすい体質ということも考えられますが、個人的にはストレスを溜めてしまいやすい、ネガティブな方向に考えすぎてしまうなど、性格面も大きく影響しているのではないかと思います。

    0
    投稿日:2016年08月03日投稿ID:155
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 1560 さん

    関係:本人

    患者情報:60代男性 治療期間: 〜10年

    10年前に診断を受けました。最初は、甘く見て、少しの休養で職場復帰しました。当初、職場や家族の理解を受けれず、再発を繰り返し、うつ病へ移行していきました。
     医師による説明で、職場、家族の理解を受ける事ができて、長期の休みに入ることが出来ました。しかし、私自身の中に病気に対する甘さがあり、復帰しては、大きな仕事に挑戦し、再発を繰り返し徐々に鬱状態が悪化していきました。
     現在、病気療養中ですが、自分自身が、病気に対する知識を身に着け、病気ときちんと対面し、職場、家族の理解を得るために積極的に行動することが再発を防ぐ最も大事な事だと思っています。

    0
    投稿日:2016年10月27日投稿ID:2591
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 2647 さん

    関係:本人

    患者情報:30代女性 治療期間: 〜1年

    私が学生の頃受診したきっかけは、唾液の分泌が異常になる(口がカラカラになったり唾液が止まらなくなったり極端になる)、イライラが酷い、人混みに行くとめまいが止まらない、不眠症になった事です。胃もたれや胃液逆流もあり食事や買い物という普通の生活が困難になった為、家族にもかなり心配されました。薬以外の対策としては、規則正しい生活と足裏のマッサージ、カフェイン等の刺激物を避ける、楽しみを見つける等でした。特にマッサージは不眠に効果がありました。

    1
    投稿日:2017年02月09日投稿ID:4916
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。
  • 3390 さん

    関係:本人

    患者情報:30代女性 治療期間: 〜5年

    5年前、離婚で揉めていたときに発症しました。
    診療内科に行って、薬を処方され服用しましたが、クラクラしたり、頭がぼーっとしたり。このままでは、余計おかしくなってしまいそう、薬を辞められなくなるのではと思い、薬を辞め、別居し、子どもを連れて実家へ帰りと環境を変えました。その後、マイペースに無理しないようにし、何かに熱中すれば不安は治るかもと思い、資格取得の勉強をしました。新しい環境で、まるで生まれ変わったかのように生活できていますが、やはりストレスに弱く、体調を崩したり、朝起きて手が震えたりすることもあります。マイナスなことばかり考えて落ち込むこともあります。眠れないこともあります。でも、薬は飲まず、メディカルアロマを自ら習い、アロマジェルで軽減させています。そして、これも自分の個性と受け入れ、そんなときはゆっくり過ごすようにしています。

    0
    投稿日:2017年04月01日投稿ID:5517
    • 1文字以上でご記載ください。

      現在:0文字 /1文字

      病気の当事者はどなたですか?

      治療期間

      対象の方の性別

      対象の方の生まれた年

      ※「30代」など世代の表示に利用します

      【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。
      • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
      • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
      • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。

あなたの回答をお伝えください

あなたの優しさがお悩みの方の力になります

経験を教えてください

10文字以上でご記載ください。

現在:0文字 /10文字

どなたの出来事か教えてください

治療期間

対象の方の性別

対象の方の生まれた年

※「30代」など世代の表示に利用します

【ヒント】読まれる方に伝わるように書きましょう。「これまでの経緯」「現在の状況」を書くと効果的です。回答はなぜその考えに至ったかの理由と背景をお書きいただくと、より相手に伝わります。
  • ※病気の当事者ではない場合は「ご自身」や「投稿内容の背景」についても記載いただくと読み手によく伝わります。
  • ※こちらの情報により個人が特定されることはありません。
  • ※「投稿ガイドライン」をお読みの上、ガイドラインに沿った投稿をお願いします。