あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

理学療法(物理療法)自律神経失調症

概要

マッサージやストレッチ、整体や鍼灸などを行うことで身体的な回復を促す方法です。体をほぐすことで心身のリラックス効果があります。

適用される患者

すべての自律神経失調症の方、特に肩こりや腰痛など、全身の疲労がみられる方

他の治療法に比べての優位性

薬物療法や心理療法と比べ、体がすぐにほぐれるなど即効性があるとされます。また、体をほぐすことで心もリラックスすることができます。

留意すべきこと

特定のストレスが原因で自律神経失調症となった場合は、ストレスの排除や薬物療法などと併用して行う必要があります。

費用

特別な費用はかかりません

一般的な所要時間

症状が改善するまで続けます。

更新日:2016年10月26日

参照元:(日本臨床内科医会自律神経失調症http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf(閲覧日:2015年10月13日),東邦大学医療センター佐倉病院神経内科http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/treatment/treatment11.html(閲覧日:2015年10月13日),東京医科大学病院http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/mentalhealth/(閲覧日:2015年10月13日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月13日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

理学療法治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

理学療法(物理療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

理学療法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。