あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

生活習慣の改善自律神経失調症

概要

3度の食事と睡眠時間をしっかりととり、自分に合った休息を生活に取り入れることでストレスをためないようにします。また、有酸素運動のような適度な運動や入浴なども効果的とされています。

適用される患者

すべての自律神経失調症の方

他の治療法に比べての優位性

規則正しい生活を行うことで、自律神経失調症以外のさまざまな病気の予防になります。また対症療法ではないために、症状が改善した場合、再発の可能性が低くなります。特別な費用もかかりません。

実際に治療を受けた方が選択した理由

自身でも忙し過ぎるので生活をしていることを自覚していたので、ついに身体に出てしまったのだという想いもあり、生活習慣の改善をしました。
理学療法をしてましたが、仕事柄睡眠が短く、ストレスも多かったのと、生活自体が不規則だった為、薬では治りませんでした。
私の場合、軽度であったのか母と話をしてスッキリしたのかすぐに普段の生活ができるようになりました。4.5日は今までの自分とは違う、自分が自分でないような日々が続きました。人と接することが好きだったはずなのに接することを拒否していました。過呼吸にも何度もなり、顔が荒れてしまうほど涙も出ていましたが、話をしてスッキリさせることでよくなっていきました。

留意すべきこと

不眠や抑うつなどの症状がある方は、薬物療法と併用して行うことがあります。

実際に感じた効果

現在は仕事を辞めて1ヶ月少しになります。 初めの頃は電車やバスなどの交通機関を利用すると、また吐き気に襲われるのではと心配になり一人で利用するのを避けていました。 今では仕事上のストレスもない為かほぼ完治したように思います。
仕事を辞めてから1ヶ月くらいは、頭痛と吐き気に襲われ不安感も取り除けませんでしたが、自分の時間を持つこと、ゆったりした気分を味わう事に慣れてくると、身体の不調が一気に良くなり、夜もぐっすり眠れるようになりました。
睡眠を取り、ひとりの時間を作ることで心は元に戻って行きました。私の場合、高校入学と同時に環境に変化があり追いつけていない自分に対して厳しくしすぎていたことが原因でした。完璧主義というものは良いものですが、時には自分を自分で苦しめ、殺してしまうので気をつけなければならないと思いました。

実際に感じた副作用

睡眠導入剤を飲んでいた時には、吐き気や頭痛が酷くなったり、酔っ払いのようなテンションになったりしましたが、生活習慣の改善は身体の負担がなくみるみる良くなりました。
薬を服用することは、お医者さんも勧めず、とにかく今はゆっくり休めとのことで寝すぎというほど寝ました。
睡眠導入剤の使用により、手足に力が入らない。思考がすっきりしないので、ミスをすることもあった。

費用

特別な費用はかかりません

一般的な所要時間

症状が改善するまで続けます。

更新日:2015年10月13日

参照元:(日本臨床内科医会自律神経失調症http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf(閲覧日:2015年10月13日),東邦大学医療センター佐倉病院神経内科http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/treatment/treatment11.html(閲覧日:2015年10月13日),東京医科大学病院http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/mentalhealth/(閲覧日:2015年10月13日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月13日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

生活習慣の改善治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

生活習慣の改善の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

生活習慣の改善についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。