今まさに、あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

漢方薬自律神経失調症

概要

漢方にはさまざまな種類があり、それぞれの体質に合ったものが処方されます。
自律神経失調症では、からだ全体の調和を回復させる目的で、下記のような漢方が用いられます。
■芍薬(しゃくやく):神経の緊張をやわらげ、血圧の上昇を抑制したり、筋肉の興奮を抑制する効果があります
■黄連(おうれん):精神の不安を抑えたり、下痢への効果もあるとされています
■抑肝散(よくかんさん):イライラを抑え、よく眠れるようになる効果があるとされています

適用される患者

すべての自律神経失調症の方、特にストレスや生活習慣が原因の方

妊娠中または妊娠の可能性がある方は医師に相談しましょう。

他の治療法に比べての優位性

効くまでに時間がかかるものの自然治癒能力を高める効果があるとされています。また、体質や生活習慣に合ったもの飲むことができます。

留意すべきこと

効果があらわれるようになるまで数ヶ月かかることもあるといわれています。

費用

3,000~4,000円程度

(漢方の処方を行っている病院では保険適応になる場合があります。)

一般的な所要時間

治療に個人差があり、長期的な治療となる場合が多く、数年単位となることもあります。

更新日:2016年10月26日

参照元:(日本臨床内科医会自律神経失調症http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf(閲覧日:2015年10月13日),東邦大学医療センター佐倉病院神経内科http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/treatment/treatment11.html(閲覧日:2015年10月13日),東京医科大学病院http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/mentalhealth/(閲覧日:2015年10月13日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月13日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

漢方薬治療について、実際に質問してみる

アンケートにご協力ください

病気になって、特に「不便」に感じることを教えてください
病気になって、特に「不便」に感じることを教えてください
ありがとうございました

体験談をさがす

漢方薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

漢方薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。