あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

睡眠薬自律神経失調症

概要

不眠の症状を改善するために使用されることがあります。不眠により生活のリズムが崩れ、ストレスの原因となってしまうことを防ぐことができます。

他の治療法に比べての優位性

長時間の作用効果があるものから短時間の軽いものまでさまざまな種類があり、症状に合わせて服用することができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

自力で早寝早起きができない中、復職のための施設に通うのには毎朝きちんと定刻に起きる必要があったためです。
副作用が全くと言っていいほど出ず、効き目が早く実感する事が今まで使ってきた薬よりできました。
私の母が更年期からくるうつ病で通院しており、病院の先生やカウンセラーの先生とも顔見知りになっていたため。

留意すべきこと

抗不安薬や抗うつ薬に眠気を誘発させるものがあるため、専用の睡眠薬を処方しないこともあります。睡眠薬を服用する際はアルコールを飲むのは控えましょう。また、薬によっては服用中止による離脱症状がありますので、自己判断で服用を中止しないようにしましょう。

実際に感じた効果

睡眠導入剤を飲む前は深夜4,5時就寝でしたがが、0時1時頃に眠れるようになりました。 その為次の日も午前中に起床できるようになって、日中の活動時間が増えて夜も疲労から眠りやすい、という良い生活サイクルの契機になりました。 1年ほどは毎日飲んでいましたが、その後、徐々に飲む量を減らしていき、断薬に成功しました。もともと寝つきは良くない方ですが、現在では自然に眠気がくるようになり普通に生活を送ることができています。
現在は眠れるようになり、食事もおいしくとれるようになりかなり改善してきたようです。 結果的に正社員でのフルタイム勤務はあきらめましたが、職場の理解もありアルバイトとして必要な時間だけ働いています。 長時間の勤務がストレスになってしまったのか、正社員を退職したのちは分かりやすく体調が改善しました。 時々動機がすることもありますが、この調子でゆっくり直していきたいです。
眠ることが出来ない事が続いた結果体調も優れず日常生活にも支障をもたらすようになってしまい睡眠導入剤を使い始めました。 私は最初2錠からはじめたのですが2錠だと効きすぎてしまい翌日、体のだるさが目立ってしまい次の日から1錠にしたところ眠る事が出来るようになっていき今では1錠をさらに半分にしたものを処方してもらって少しずつ自力で眠る事が出来るようにしてもらっています。

副作用と対策

ふらつき

平衡感覚を失い、足元がおぼつかなくなる、またはふらふらする、といった症状があらわれることがあります。

座る、横になるなどの措置をとって楽な姿勢でしばらく休むと緩和されることがあります。また、服用を中止することによっておさまることもありますので、医師に相談しましょう。

消化器障害

胃や腸の働きが悪くなり、吐き気、食欲不振、腹痛や下痢などの症状があらわれることがあります。

一時的なものである可能性が高いです。症状によっては吐き気止めなどを使用します。症状がひどい場合は服用量の減量などを医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

薬を服用して2日後、1日で起きている時間はご飯の時とお風呂の時とトイレの時だけでご飯の時は起こさなければ食べない状況でした。

40代女性の家族(この人の治療体験)

就寝直前に飲むようにしていましたが、飲んでからの記憶がとんでしまうことが多く戸惑いました。
睡眠導入剤の服用直後から一週間程度は、夕方くらいまで眠気が残ったままで日中の生活に若干支障をきたしました。

費用

※現在調査中です

一般的な所要時間

治療に個人差があり、長期的な治療となる場合が多く、数年単位となることもあります。

適用される患者

不眠症状のある方

妊娠中、授乳中の方、15歳未満の方、緑内障の方、前立腺肥大の方、排尿困難の方、睡眠時無呼吸症候群の方は適用をさけましょう。

更新日:2016年11月11日

参照元:(日本臨床内科医会自律神経失調症http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf(閲覧日:2015年10月13日),東邦大学医療センター佐倉病院神経内科http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/treatment/treatment11.html(閲覧日:2015年10月13日),東京医科大学病院http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/mentalhealth/(閲覧日:2015年10月13日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月13日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

睡眠薬治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

睡眠薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

睡眠薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。