あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

自律神経失調症の治療法

治療法選択のポイント

  • 主な治療法に薬物療法、心理療法、理学療法があげられます
  • 自律神経失調症の症状は多岐にわたるため、それぞれの症状にあわせて治療選択を行います
  • 多くの場合過度なストレスが原因となるため、治療後もストレスのためない生活環境を作ることが大切とされています
  • 更新日:2016年11月11日

    適用対象:
    すべての自律神経失調症の方、症状が軽い方
    優位性:
    体にあらわれる症状がストレスとなり症状を悪化させる、などの悪循環を断ち切ることができます。 比較的副作用が少なく長期間の使用が可能とされています。
    概要:
    自律神経の中枢に直接作用することで、全体のはたらきを安定させる効果がある薬です。グランダキシン、ハイゼットなどが一般的に利用されています。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年11月11日

    適用対象:
    強いストレスが原因とされる方
    優位性:
    自律神経失調症の治療として、一般的に使用されている薬です。不安をやわらげ、筋肉の緊張をほぐすことでリラックスさせる効果があるとされています。
    概要:
    不安をやわらげて心身ともにリラックスさせる効果がある薬です。抗不安薬の中にも作用の弱いもの(リーゼやセレナールなど)から強いもの(デパスやワイパックスなど)まで多くの種類があり、これらが症状にあ...
    詳しく見る
  • 更新日:2016年11月11日

    適用対象:
    抑うつ感やイライラといった症状がある方
    優位性:
    食欲不振や抑うつの症状に効果的とされ、うつ病の方などに対し一般的に処方されている薬です。
    概要:
    本来うつ病の方に投与されるものですが、自律神経失調症でも、抑うつ感やイライラ、強いストレスや不安がある場合に効果があるとされています。主に三環系抗うつ薬と四環系抗うつ薬などが処方されます。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年11月11日

    適用対象:
    不眠症状のある方
    優位性:
    長時間の作用効果があるものから短時間の軽いものまでさまざまな種類があり、症状に合わせて服用することができます。
    概要:
    不眠の症状を改善するために使用されることがあります。不眠により生活のリズムが崩れ、ストレスの原因となってしまうことを防ぐことができます。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    すべての自律神経失調症の方、特にストレスや生活習慣が原因の方
    優位性:
    効くまでに時間がかかるものの自然治癒能力を高める効果があるとされています。また、体質や生活習慣に合ったもの飲むことができます。
    概要:
    漢方にはさまざまな種類があり、それぞれの体質に合ったものが処方されます。 自律神経失調症では、からだ全体の調和を回復させる目的で、下記のような漢方が用いられます。 ■芍薬(しゃくやく):神経...
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    すべての自律神経失調症の方、特にストレスが主な原因とされる
    優位性:
    自律神経失調症の原因をとり除く目的の治療のため、改善できれば再発の可能性が低くなります。
    概要:
    自律神経失調症の原因には多くの場合ストレスが関与しているため、医師とのカウンセリングを通し、自律神経失調症を発症した原因を明らかにしながら不安や緊張を解消していく治療法です。
    詳しく見る
  • 更新日:2015年10月13日

    適用対象:
    すべての自律神経失調症の方
    優位性:
    規則正しい生活を行うことで、自律神経失調症以外のさまざまな病気の予防になります。また対症療法ではないために、症状が改善した場合、再発の可能性が低くなります。特別な費用もかかりません。
    概要:
    3度の食事と睡眠時間をしっかりととり、自分に合った休息を生活に取り入れることでストレスをためないようにします。また、有酸素運動のような適度な運動や入浴なども効果的とされています。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    すべての自律神経失調症の方、特に肩こりや腰痛など、全身の疲労がみられる方
    優位性:
    薬物療法や心理療法と比べ、体がすぐにほぐれるなど即効性があるとされます。また、体をほぐすことで心もリラックスすることができます。
    概要:
    マッサージやストレッチ、整体や鍼灸などを行うことで身体的な回復を促す方法です。体をほぐすことで心身のリラックス効果があります。
    詳しく見る

参照元:(日本臨床内科医会自律神経失調症http://www.japha.jp/doc/byoki/019.pdf(閲覧日:2015年10月13日),東邦大学医療センター佐倉病院神経内科http://www.lab.toho-u.ac.jp/med/sakura/neurology/treatment/treatment11.html(閲覧日:2015年10月13日),東京医科大学病院http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/mentalhealth/(閲覧日:2015年10月13日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月13日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

自律神経失調症についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。