あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

カウンセリング(精神療法)自閉症

概要

カウンセリングを中心とした治療法です。生活の中で受けたストレスによって発生する精神症状に効果があります。

他の治療法に比べての優位性

カウンセリングを通して、落ち着きが増すなど、より社会になじみやすくなることがあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

薬をたくさん飲んでいて、カウンセラーさんがアロマもやっている方で私自身アロマが好きだし、体に負担がかからないから。
薬物療法を行うには幼くて怖かったからです。成長を待ちながら、生活の中で対処して行こうと考えました。また、不適応の原因が集団生活へのストレスだったので、差し支えのない範囲でストレスを避ける形で構わないと思いました。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

あくまでも自閉症に付随した症状に効果があります。

実際に感じた効果

二次障害や、多動、ひきこもり体質など少しずつではありますが、その時の気分や体調によってアロマを変えて使ったりしていると自然と気持ちが楽になって体もリラックスできています。
医療機関で診断が出た事によって、障害児通所支援(児童発達支援・放課後等デイサービス)を公費で受けられるようになりました。心理士や保育士の支援を受けながら、週に2回、集団行動のトレーニングを行う事で少しずつ学校にも適応できるようになりました。現在は、学校で教員の配慮を受けながら通学しています。

10代以下女性の家族(この人の治療体験)

費用

※現在調査中です

(※保険については現在調査中です)

実際にかかった費用

通院初回10000円程度。各種検査時は4000円前後。診察のみになってからは1000円程でした。

30代男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

症状がみられる間は治療を継続します。

適用される患者

自閉症に付随した、うつや不安、いらだちなどの症状がある方

更新日:2016年10月26日

参照元:(e-ヘルスネット「自閉症について」厚生労働省https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-03-005.html(閲覧日:2015年3月31日),かがやき日本自閉症協会2016年10-18p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

カウンセリング(精神療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす