あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

老人性膣炎(閉経後萎縮性腟炎)

老人性膣炎とは

膣内は常在菌のデーデルライン桿菌によって常に酸性に保たれることより、病原体の侵入や増殖を防いで、膣や子宮を守っています。しかし、閉経後にはエストロゲンという女性ホルモンが減少し、腟の分泌液が減るため乾燥しやすくなり、膣粘膜や膣の壁が薄くなる病気です。そのため、ちょっとした刺激にも傷つきやすくなり、性交時の刺激などでも出血や痛みをともなうことが多く、さまざまな菌に感染しやすい状態になります。

症状と原因

閉経後しばらく経つと、膣が萎縮して出血しやすい状態になります。性交時には、痛みや不快感、かゆみ、排尿時にしみる感じなどをともなうことがあります。また、茶色や黄色いおりものなど、悪臭をはなつなどの症状があらわれることもあります。

体験談

体験談を見るにあたって

炎症が軽度の場合は、膣を清潔に洗浄することにより症状を改善できる場合もありますが、症状が重症化した場合は薬物療法を行うとされています。
その1つとしてホルモン補充療法(HRT)があり、閉経後などの女性ホルモン減少に対処するための治療法になります。投与する方法としては、エストロゲンの経口剤や貼付剤、または腟錠(局所療法)などを用いることがあります。細菌感染がひどい場合は抗生物質が入った腟錠を併用する場合もあります。
また、エストロゲンのみを注入した場合に、ホルモンの働きにより子宮内膜が厚くなり、子宮内膜がんや子宮体がんの発症に繋がることもあるため、黄体ホルモンをあわせて補充することがあります。

現在老人性膣炎の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。