あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎を経験した人からのアドバイス

更新日:2017年05月30日

このページでは、アトピー性皮膚炎にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全366件
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    ステロイドは痒みのストレスを軽減する為には我慢せず使った方が良いと思います。私自身は、もう少し落ち着いて来たなら、将来的に漢方薬をまた使えればなと思います。後はアトピーにはとにかく保湿が大事だと思います。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー性皮膚炎は赤ちゃんの場合掻かないってことが出来ないので、見ていてとても可哀想だった。ブツブツができ始めた時点で早めに皮膚科にいき治療してもらえば酷くならないうちに対処できたはずなのでまだ自分でどうにかなると思わず、痒がって赤くなっていたら皮膚科にいって薬を貰い早めの治療を心掛けると良いと思います。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー性皮膚炎は、肌が赤くなったりするで外出があんまりできず、半袖を着ることができない事や痒さで夜眠れなくなり不眠症になったりとストレスが溜まる病気だと思いました。それで、家族にストレスをあたったりして迷惑をかけました。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私はアトピーになったのが小学生だったので全部親まかせではあったのですが、今思うと、ステロイドという薬は確かに炎症を抑えてくれる薬で、かゆみを抑えるという点ではとてもいい薬だと思います。痒いけど悪化を防ぐためにかかないようにするという行為は大変ストレスに感じる事だと思います。カビやハウスダストが原因のアトピーの場合は環境を変えることが一番の改善方法ではありますが、そういったことが難しい場合はステロイドに頼ってしまってもいいのかもしれません。ただ気をつけなければならないのは、塗りすぎに注意する点です。痒いから塗るのですが、頻繁に塗りすぎると皮膚が盛り上がると医師に注意されたことがあります。担当医の方とも相談しながら少しでも自分の生活に支障をきたさない方法を選択することが必要だと思います。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー治療はステロイド外用薬を使う不安もあるかもしれませんが、夜寝れなくなったり、血で服を汚したり、日常生活に非常に影響を及ぼしますので、辛い症状を抑えるためにステロイド外用薬を使うことは非常に助かることだと思います。ですが、塗って収まったら終わりと言うことではないので、食生活を見直したり、自分の体の免疫を同時に高めていくことが非常に大事だと思いました。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 亜鉛華軟膏による治療を受けた方からのアドバイス

    ステロイドなどは昔から劇薬として知られていますが、自分の症状にあった薬を使用しないと、皮膚の病気は治りませんし、悪化してしまう場合もあります。短期間の治療であれば体への負担は少ないですし、治療が長期化すると自分で外用薬を塗ることが多い病気なので面倒くさくなってしまったりもします。気になったところがあれば早めに病院にかかり、自分に合った薬を処方してもらうのが一番治りが早いと思います。
  • 亜鉛華軟膏による治療を受けた方からのアドバイス

    私は軽度のアトピーですが、肌のことでいつも自分に自信が持てず、思春期の頃は恋愛や遊びも充分楽しむことができませんでした。大人になり、今までに無いくらいアトピーが悪化したことはとてもショックなできごとでしたが、そのお陰で良い皮膚科医に出会うことができ、また自分自身の食生活も見直すきっかけとなりました。まだ軽い軽いアトピーの症状がありますが、これまでアトピーにかかわらず、体に慢性的な不調を抱えながら仕事や趣味に活躍する素敵な人たちに出会うことができたので、今では自分の症状は気にせず自分らしく生活できています。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私の場合、子供の事なので調べれば調べるほど薬などには敏感になってしまうのですが、信頼出来る医師を見つけて一緒に治療していくことが大切だと思います。ステロイドについては使い方を間違わなければ、頼りになる薬です。その点についても、きちんと指導してくれる医師を見つける事が重要かと思います。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬による治療を受けた方からのアドバイス

    掻きむしってしまった傷に対して何かで覆ってしまうのは良くないと勝手に思い込んでしまっていましたが、逆でした。薬を塗って包帯やガーゼで覆った方がよかったので早く先生に相談すればよかったと後悔しています。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬による治療を受けた方からのアドバイス

    病気になったのが物心つく前だったので、痒くて、掻いて、痛みが出るのは当たり前のことだと思っていました。アトピーの方にこういった方は多いと思いますが、痒みに耐えきれず、強いステロイド剤を使ってしまいがちなのですが、余りにいつも付けすぎてしまうと、付けていた部分が黒ずんでしまって、大人になった現在でも、黒ずみが取れず悩みになっています。なので、小さな頃にステロイド剤を使いすぎるのは、控えた方が良いと思います。
  • ヘパリン類似物質による治療を受けた方からのアドバイス

    顔面や頚部など、体に較べて皮膚の薄い部分はステロイド外用剤の強さをコントロールして使用し、かつ短期で治療しその後再発を防ぐ方へ李朝を切り替えていくべきだと説明を受け、アトピー性皮膚炎には日頃の予防も大切だと実感しました。副作用が大きく取り上げられる薬ではありますが、適切な説明と処置を受けることで綺麗な肌を保つことができます。何度も再発してしまう方は医師に日常生活のアドバイスを受けるのもひとつの治療法だと思います。
  • 非ステロイド性抗炎症外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピーはステロイド治療がメインのイメージですが、女の子は男の子も将来のことも考えると、非ステロイド治療がオススメです。 肌に優しくじっくりゆっくり綺麗な肌になれます♪
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー性皮膚炎は、見えるところに出てしまうと、精神的にとても苦痛で早く治したいと思いますが、治療はゆっくりとステロイドのランクを下げながらしていかないといけません。ステロイドは怖いと私も思っていました。でも、それよりもどんどん肌が悪化していき自分の肌を見るのが怖かったです。市販の薬では、自分の肌に合う合わないがあるので見つけるのが困難だと思います。医師にもアトピー性皮膚炎の肌を見せるのを躊躇してしまう方もいるかもしれません。でも、プロに任せるしかない病気だと私は体験して思いました。私自身も病院に通い治してもらい今では、乾燥や糖分を摂りすぎると再発しやすいので、食べ物に気をつけ再発しないようにしています。長期戦になるかもしれませんが、綺麗な肌を手に入れるためにも頑張りましょう。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    ステロイドはあまり使いたくないと思う方が多いと思いますが、塗り方を気を付ければとても助かる薬でした。皮膚科では塗り方を詳しく教えてくれないところも多いと思いますが、私の場合急に塗るのをやめないということが重要でした。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー治療には色んな方法が、あると思うんですが、うちの、息子においては一時的にキツいステロイドを塗って正解だったと思います。ステロイド=ダメじゃなくてステロイドを一時的に使用して、さっと治す治療法で、よかったです。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬による治療を受けた方からのアドバイス

    薬に頼るほかないのですが、なってしまった時、悪化させないために、ボディソープを肌に優しいものに変えました。 洗濯洗剤も無添加のものに変えました。 爪も少しでも伸びてるとすぐに皮膚を傷つけてしまうので、三日に一回確認し、その都度切りました。 ハウスダスト系かも知れないので、部屋の掃除はこまめに。朝晩2回掃除機かけてます。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド内服薬による治療を受けた方からのアドバイス

    信頼できるDrに出会い、信頼できる治療法で継続することが一番だと思います。アトピー性皮膚炎は薬を飲んだから、塗ったからすぐに治るものではないです。治療をしてよくなっても、その状態を維持していくことが必要です。 私の娘の場合は生れてすぐから湿疹が出ていてアレルギー体質なので、これから成長して皮膚は丈夫になったとしても、今後喘息やアレルギー性鼻炎、花粉症などを発症する可能性が高いです。長い長い付き合いになると思っています。その為にも信頼できるDr、自分の病気の状態をよく知っていて、なんでも相談できるかかりつけ医をみつけておくことが大事だと思います。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 漢方薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピーは、体内の問題が大きく関わると思っています。現代の治療は対症療法と言われ、根本を治すことは出来ません。一旦治ってもまた炎症を起こす、その繰り返しです。ステロイドもルミンAもその1つでありますが、それが悪いとは思いません。まずは辛い症状を取り除くことも必要だからです。そして、できるだけストレスを無くすることで、症状は軽くなると思います。ぜひ楽しみを見つけて欲しいです。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    ステロイドと聞くとやはり「使いたくない」という意見も多いかと思います。私もそうでした。しかしひどい湿疹が長く続くよりも、効果的な薬を使って短期的に治すことはとても大事で、その際にステロイドは必要になってくると思います。娘の場合は副作用もありませんでしたので、ステロイドを使って後悔はありません。早めの対策が必要だと思います。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    子供のアトピーは大きくなるにつれて他人からの中傷もあり心のケアも必要とするので、ステロイド剤を使って短期間で治すことが大事である、肌は痒みが連鎖するなどし全身に症状が出てきました長期間で弱い薬を貼付しても肌がキレイにならずいつまでも薬を塗り続けないといけないと改めて実感しました。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピーかどうかがそもそも分からない、ちょっとしたアレルギー症状だろうと市販の薬を利用することで悪化するケースもあるので、症状が長期化したらまずは皮膚科を訪ねてみるのが良いと思う。何もなければよし、何かあれば対応できるから損はしない。
  • 抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピーは肉体的にはもちろんの事、精神的にとてもつらいものです。無意識に掻いてしまい、周りの目も気になります。夏になっても傷跡が気になり、腕も足も出せません。子供の時はアトピーが移るから近寄るな!と言われたこともあります。副作用も気になりますが、まずはかゆみや痛みを取り除くためにもステロイドはある程度必要だと思います。正しい使い方をすればそれほど怖いものではないし、ひどくなるとストレスから余計に掻いてしまい痕が残ってしまうので、早めに受診されることをお勧めします。
  • ヘパリン類似物質による治療を受けた方からのアドバイス

    薬だけにたよるのではなく、日用品にも気をつかえばそれだけでも多少症状も違うと思います。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    何度も何度も脱ステロイドについて悩みました。 インターネットも読み漁りました。 しかし結局は素人。 やはり先生を信じてこれからも治療を続けていきたいと思います。 自分の事ではなく子供の事なので、本当に変わってあげたくて辛いです。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 紫外線療法による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー性皮膚炎に一番大切なのは、肌の保湿と言われました。アトピーの方は、肌の水分やバリア機能が少ないので、それを回復させることが重要になってきます。ですが、どうしても辛い時は、私もステロイドに頼っています。使い方を誤らなければ、副作用で苦しむことも少ないと思います。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    アトピー性皮膚炎では、基本的にステロイドが処方されることが多いですが、その使用に不安がある方が大半かと思います。ですが、保湿等の自助努力だけで治るものではないため、医師の指導の下、正しく使用することが改善への近道だと思います。 食生活においても、油ものを控え、野菜を多く取るなど基本を丁寧に進めていってほしいと思います。 乳児期のアトピーで、かきむしりを防止するため、ミトンとレッグウォーマーを腕に着けていました。爪でえぐってしまうことだけは、避けることができました。
  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    ステロイドに対して過剰に怖いというイメージをもたれて使うことを戸惑う方も多いと思います。 しかし、塗り薬で言えば一気に治して負担軽減のためにはステロイドはとても有効です。そして短期集中の場合、特段副作用はないので、恐れず頼るときは頼りスパッとやめるときは辞める使用方法で試していただくことは有効的だと思います。
  • ステロイド内服薬による治療を受けた方からのアドバイス

    抗生物質やステロイド薬など、ご自身、パートナー、まだ自分の気持ちを上手く言い表せれない小さなお子様などは特に痒みと戦うのはとても精神的負担がかかるもの。できる限り皮膚を清潔に保つ事をお勧めします。汗をかいたら早めに拭く、着替えをこまめにする。刺激物をあまり摂取しない。でも、我慢ばかりもだめです。自分の好きなことも上手に入れてくださいね。辛い時はお薬に頼り痒みと上手く付き合えるよう向き合ってみてください。痒みから少しでも離れ健やかな日々が送れますようお祈りいたします。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    医師から適切に処方されたステロイド使用はそんなに怖いイメージはなく、かえって使わないで痒くて夜眠れない 生活に影響があるほうが子供にとって辛いのかもしれないとおもいます。 徹底した布団の掃除で、本当によくなっています。 アレルゲンをできるだけ取り除き 症状を和らげるような環境がととのえば ステロイドがいらなくなりました。" のがよかった。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • ステロイド外用薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私もはじめステロイド剤を使うことに戸惑いや、不安がありました。 ステロイドを塗って日光に当たると黒くしみになると言った女性なら嫌がるであろう副作用も知り、さらに使用を迷いましたが、治療後は一刻も早く使っておけば良かったと思いました。 はじめは不安の多い治療法ですが、本当に痒みがなくなり、夜ぐっすり眠れるようになったことが何よりうれしかったです。 なので、ステロイド剤戸惑いのある方も、早めの治療をおすすめします。

もっと読む