あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アトピー性皮膚炎の体験談

ほんの数分だけ貼っておくだけでも違っていた。

患者との関係:家族患者:10代以下女性治療時期:2016年5月

アトピー性皮膚炎とは

かゆみをともなう湿疹が広がる皮膚の病気のひとつです。アレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱い人に多くみられます。原因としては、ダニやほこりなどのアレルゲンが侵入したり、ストレスなどの環境要因が重なることにより、症状がおこるとされています。とくに目や口のまわり、首や手足の関節の内側、脇の下など、皮膚が薄く柔らかい部位に多く炎症が発生し、症状をくりかえすことも特徴のひとつです。

アトピー性皮膚炎の症状

満足度

プロペトを塗ってもあまり良くならなかった足首のあたりのザラザラがプロペトを貼って数週間で目に見えて綺麗になっていた。ボチシートの効果は絶大だったが、大変満足にしなかった理由は軟膏付きのシートなので、子どもが触ってしまった時あちこちに白い軟膏がついてしまい、洋服につくと洗ってもなかなか落ちないからです。

副作用

治療履歴

2016年5月アズノール軟膏20g
8月
プロペト
15g
アルクロメタゾンプロピオン酸エステル軟膏
1調剤
ヒルドイドローション
25g
2月
ザイザルシロップ
2.5ml
キンダベート軟膏
20g
プロペト
20g
4月
ザイザルシロップ
5ml
キンダロン軟膏
40g
プロペト
40g
ボチシート
270g
5月
ベトネベート軟膏
10g
キンダベート軟膏
40g
ヒルドイドソフト軟膏
100g
プロペト
40g

病気と症状について

首や足首にブツブツが現れる。最初の方はブツブツだけだったがだんだん酷くなり、足首は痒がりずっと掻いてしまって、完全にかき壊してガサガサ状態でした。足首は赤ちゃんの足とは思えない感じで、おばあちゃんの手のようなガサガサ肌になってしまった。足の太ももあたりにもガサガサした肌で赤くなることが多い。

参考:アトピー性皮膚炎にかかった他の人の症状は...?

生後すぐから肌が乾燥気味だった息子ですが、生後4ヵ月の頃、乳...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

もともと赤ちゃんの頃からおむつかぶれがあり、肌の弱さは実感し...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

アトピー性皮膚炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン)を選んだか

ボチシートを貼っておくだけでザラザラだった足首が良くなった。子どもは凄い嫌がって何度も取ろうとしていたけれどほんの数分だけ貼っておくだけでも違っていた。

参考:他の人がステロイド外用薬を選んだ理由は...?

アンテベートを塗るといったんは痒みから解放されました。最終的...

(続きを読む)

ステロイドは、最初は怖いものだという印象があったのですが、一...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人がステロイド外用薬を選んだ理由をもっと読む

ステロイド外用薬とは

炎症をおさえる作用、免疫反応を抑制する作用のある薬を皮膚に直接ぬることによって、症状をやわらげる治療法です。
また、ステロイドを塗る方法としてリアクティブ療法とプロアクティブ療法の2通りがあります。
【リアクティブ療法】
発疹の悪化時のみにステロイド外用薬を使用し、改善時には保湿剤とスキンケアを行う方法です。主に軽症の方に行います。

【プロアクティブ療法】
症状のでる前に予防の目的も含めて、保湿剤外用と組み合わせながら、週に2~3回と一定の間隔おきにステロイド軟膏やタクロリムス軟膏を使用する方法です。

「ステロイド外用薬」の概要

ステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン)の効果について

つい最近までボチシートを使っていて、ガサガサがなくなり、かなり良くなってきたので、プロペトとヒルドイドを塗ってブツブツがなくなるように治療しています。

参考:他の人が感じたステロイド外用薬の効果は...?

赤みやかゆみが強いところにアンテベートを落ち着いてくるまで毎...

(続きを読む)

一時的に、ステロイド使用するのは全然大丈夫だということが今回...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたステロイド外用薬の効果をもっと読む

治療期間

ボチシートは3ヵ月ほど使いました。

治療に関する費用

実費での支払いはありませんでした。

副作用について

副作用は特にありませんでした。

参考:他の人が感じたステロイド外用薬の副作用は...?

ステロイドを塗らないとひどくなってしまい、1年ほど薬から離れ...

(続きを読む)

副作用は、なかった...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じたステロイド外用薬の副作用をもっと読む

アトピー性皮膚炎を患っている方へのアドバイス

アトピー性皮膚炎は赤ちゃんの場合掻かないってことが出来ないので、見ていてとても可哀想だった。ブツブツができ始めた時点で早めに皮膚科にいき治療してもらえば酷くならないうちに対処できたはずなのでまだ自分でどうにかなると思わず、痒がって赤くなっていたら皮膚科にいって薬を貰い早めの治療を心掛けると良いと思います。

参考:アトピー性皮膚炎を経験した他の人のアドバイスは...?

私の場合、子供の事なので調べれば調べるほど薬などには敏感にな...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

掻きむしってしまった傷に対して何かで覆ってしまうのは良くない...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

アトピー性皮膚炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年05月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

アトピー性皮膚炎の体験談をもっとさがす

ステロイド外用薬(副腎皮質ホルモン)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす