あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息(気管支ぜんそく)の長時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬、LABA)の体験談

喘息(気管支ぜんそく)の「長時間作用性β2刺激薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、喘息の長時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬、LABA)を経験された方の体験談を掲載しています。
ひどい咳でどうにもならない状態だったのが、ホクナリンテープを貼った途端にすっと楽になりました。 (40代男性)」や「夜にアドエアー250デイスカス60の吸引をしたところ、効果てきめんでした (40代男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-6件目を表示/全6件

長時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬、LABA)とは

長期管理薬として気管支を拡張する薬です。短時間作用性のものは発作時の治療薬として使用されるのに対し、長時間作用性のものは長期管理薬として毎日使用します。吸入ステロイド薬との併用で優れた効果を発揮します。経口薬(口から飲むタイプ)、貼付薬(シールを貼るタイプ)、吸入薬(噴霧器から吸うタイプ)があります。

長時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬、LABA)の詳細はこちら

更新日:2017年04月07日

長時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬、LABA)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談