あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息(気管支ぜんそく)の吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)の体験談

喘息(気管支ぜんそく)の「吸入ステロイド薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、喘息の吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を経験された方の体験談を掲載しています。
自宅でできる吸入器は価格もそんなに高くなかったため吸入の治療を始めました。 (10代以下女性)」や「3種類お薬をいただいたのですが、同時にしないといけなかったのですが、すごく眠くなるのでが問題でした。確かに、喘息の発作はでなくはなりました。治療費は高いので、現在は、病院へ通うこともむつかしいですが、確かに体は楽になりました。あれから、発作もなく、普通にしてます。眠かったけどそれなりに次第に体も階段の昇降でも息も普通になり、感謝してます。ただ、お薬を続けていないので、発作は怖いです。シムビコートはアルコールアレルギーの方へはお勧めです。粉なので、むせないように注意もありますが、アナフェラキシーになることも、アレルギーで苦しむことを考えたら、楽です。ザイザルはアレルギーに対して、よく効くので、一番私は好きです。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全102件

吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)とは

発作時ではなく、長期管理薬として気道の炎症を抑えるために毎日使用します。ぜんそく治療においては第一選択薬に位置づけられ、吸入であれば薬の量も経口薬の100分の1~1,000分の1程度の微量ですみます。

吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)の詳細はこちら

更新日:2017年09月12日

吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談