あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息(気管支ぜんそく)のテオフィリン薬の体験談

喘息(気管支ぜんそく)の「テオフィリン薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、喘息のテオフィリン薬を経験された方の体験談を掲載しています。
何よりも 年齢が幼かったこと その治療をしなければ 痰がつまって窒息してしまうこと 少しでも呼吸が楽になるように吸入器を使用すること (10代以下男性)」や「まだ、小さい子で合ったため治療法が限られました。 (10代以下男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-4件目を表示/全4件

テオフィリン薬とは

発作時、すぼまって狭い状態になった気道を拡張するために使用する薬です。気管支の緊張を緩和して気道を広げるとともに、炎症の原因となる物質の発生を抑える効果があります。短時間作用型のβ2(ベータツー)刺激薬と異なり、炎症を抑える作用も併せ持つことが特徴的ですが、発作に対する有効性はβ2刺激薬に比べると低く、中毒症状をおこす危険性もあります。

テオフィリン薬の詳細はこちら

更新日:2017年03月17日

テオフィリン薬以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談