あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息(気管支ぜんそく)の短時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬)の体験談

喘息(気管支ぜんそく)の「短時間作用性β2刺激薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、喘息の短時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬)を経験された方の体験談を掲載しています。
咳が悪化した時に息苦しさを感じたり、ヒューヒューと喉の奥から音がすることを医師に伝えたところ勧められた薬です。 自分で選択したという感じはありません。医師の処方するままに使用しました。 他の薬剤との併用も必要であることは説明されましたが、こちらは必ず携帯するように言われました。 (40代男性)」や「まだわたしは幼く、両親共働きで保育園に預けられていたので、背中に貼っているだけで薬が効いているので両親が楽だったからだと思います。 (10代以下男性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-7件目を表示/全7件

短時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬)とは

発作時、すぼまって狭い状態になった気道を拡張するために使用する薬です。気管支を広げる作用が強く、吸入して1~3分で効果があらわれる即効性もあり、ぜんそくの発作時にすぐに呼吸を楽にしてくれます。効果が持続する時間は4~6時間程度です。β2(ベータツー)とはアドレナリン受容体の一種で、気管支をはじめとする各種平滑筋をゆるめる働きがあり、狭くなっている気道を拡張します。経口薬(口から飲むタイプ)、貼付薬(シールを貼るタイプ)、吸入薬(噴霧器から吸うタイプ)があり、発作時の緊急対応には吸入薬が主として使用されます。貼付薬は、二の腕や胸などに小さなシールを貼るだけで効果が出るという手軽さから、小児をはじめとする吸入や内服が困難な患者によく用いられます。発作がおきた際には早めに使用することが重要で、症状が重くなってからでは効果が薄れてしまいます。1回の使用で1時間あたりに使用してよい薬の量を守り、発作が治まらない場合でも最大量を超えた使用はせず、医師の診察を受けます。

短時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬)の詳細はこちら

更新日:2017年05月23日

短時間作用性β2刺激薬(β2刺激薬)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談