あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

喘息(気管支ぜんそく)の体験談

処方され良くなった

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:2016年6月
吸入ステロイド薬フルタイド100

喘息とは

咳き込みや喘鳴(ぜんめい:呼吸時に出るぜいぜい、ひゅうひゅうという音)、呼吸困難などの症状を繰り返す病気です。慢性的な気管支粘膜の炎症により気道が狭くなることで引きおこされます。年齢により"小児ぜんそく"と"成人ぜんそく"という分類があり、原因とタイプにより"アレルギー性ぜんそく"、"運動誘発ぜんそく"、"アスピリンぜんそく"の3種類に分けられます。

喘息の症状

満足度

苦しさや痛みから解放されたから
ちょっと値段が高い

副作用

治療履歴

2016年6月シングレア、フルタイド

病気と症状について

咳がひどい、息が苦しい、胸が痛いというのが続いた。
最初は様々な抗生剤を試した。喘息の薬を試してよかった。

参考:喘息にかかった他の人の症状は...?

喘息がわかったきっかけは、小学校入学前の健康診断でした。今ま...

(続きを読む)

風邪が長引き咳が続いていました。そのうちにゼイゼイという喘鳴...

(続きを読む)

喘息にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)を選んだか

処方され良くなったから

参考:他の人が吸入ステロイド薬を選んだ理由は...?

3種類お薬をいただいたのですが、同時にしないといけなかったの...

(続きを読む)

治療を続けたおかげで症状が治ったと感じたので。...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人が吸入ステロイド薬を選んだ理由をもっと読む

吸入ステロイド薬とは

発作時ではなく、長期管理薬として気道の炎症を抑えるために毎日使用します。ぜんそく治療においては第一選択薬に位置づけられ、吸入であれば薬の量も経口薬の100分の1~1,000分の1程度の微量ですみます。

「吸入ステロイド薬」の概要

吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)の効果について

今も同じ治療を続けています。

参考:他の人が感じた吸入ステロイド薬の効果は...?

その後、夫が入院したりで、お薬を使っていると、看病も、お見舞...

(続きを読む)

毎日朝晩のフルタイド吸入を繰り返し、発作が起きたときは病院で...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた吸入ステロイド薬の効果をもっと読む

治療期間

継続

治療に関する費用

診察、処方 5,000

副作用について

なんともなく大丈夫だった

参考:他の人が感じた吸入ステロイド薬の副作用は...?

かなり眠くて何もできなかったです。何日ではなく、続けている間...

(続きを読む)

なかったです。...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた吸入ステロイド薬の副作用をもっと読む

喘息を患っている方へのアドバイス

学校でできないことがあったり、受け入れられないことも多々ありました。しかし、それが自分なんだから頑張るしかないと思います。

参考:喘息を経験した他の人のアドバイスは...?

喘息の発作は、過呼吸に少し似ていて、自分でもどうしたら良いか...

(続きを読む)

喘息治療では期間が長くかかることが多く、精神的にも身体的にも...

(続きを読む)

喘息を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年09月12日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

喘息の体験談をもっとさがす

吸入ステロイド薬(副腎皮質ホルモン)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす