あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

急性ストレス障害(ASD、急性ストレス症状)

急性ストレス障害とは

事故や自然災害、犯罪、性的暴行、暴力的被害など、自分や他人の生命や安全が脅かされるほどの強いショックや恐怖体験をした場合、それらを思い出した際に不安発作や不眠、頭痛などの、不安障害による症状があらわれることを急性ストレス障害とよぶことがあります。
ただし症状は一過性のことが多く、一般的には数時間から最長でも4週間以内におさまり、自然に回復することが多いとされます。
しかし、その症状が4週間以上継続して続く場合は、心的外傷後ストレス障害とよばれる病気の可能性もあるため注意が必要です。

症状と原因

重大な事故や自然災害、事件などに遭った直後、感覚や感情が鈍くなったり麻痺して、注意力が落ちたり、もうろうとした状態になるなどの症状があらわれることがあります。
また、平常時においても、重大な事故や自然災害、事件などの記憶がよみがえり、再びその時の体験を経験しているかのような感覚になることがあります。
その他、事故や事件を思いださせるような場所や人に会うのをさける回避行動や逃避行動をとったり、神経がたかぶる興奮状態が続いて、神経過敏、イライラ、不眠や不安、発汗などの反応があらわれることがあります。
しかしこれらの症状は、一般的には数日続いた後、1ケ月前後で自然におさまることが多いとされます。

体験談

体験談を見るにあたって

多くの場合は時間経過とともに自然に回復しますが、症状を軽くするために心理療法と薬物療法を組み合せて行うことがあります。
心理療法では、患者の方の症状などにより、さまざまな治療法が検討され、認知行動療法やEMDRなどの精神療法を行うことがあります。
薬物療法は心理療法の補助的な役割として使用される傾向が強く、抗うつ薬のSSRIを使用したり、強い不安感にはベンゾジアゼピン系の抗不安薬が処方される場合もあります。そして、対処療法的に急性ストレス障害における不眠や抑うつ状態のような心理的な症状を軽くする方法として使用されることがあります。

更新日:2016年04月12日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす