あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

動脈塞栓症(急性動脈閉塞)

動脈塞栓症とは

大動脈から各臓器や、四肢に向かう動脈が詰まってしまうことをいいます。動脈が詰まった瞬間から症状があらわれ、どんどん症状は悪化していきます。発症した箇所が手足であれば、しびれ、体温低下がおこります。くびや脳ならば脳梗塞となります。

症状と原因

発症直後は、急激で激烈な疼痛(とうつう)がおこり、手足の場合は脱力が特徴的です。

体験談

体験談を見るにあたって

発症直後か、時間が経過しているかによって治療が変更します。
直後の場合では、薬物療法や手術によって原因となっている箇所の治療などが状況に応じて行われます。時間が経過した場合、基本手術が行われますが、手足が動かなくなったり、組織が壊死していたりする場合は四肢を切断しなくてはいけない場合があります。

更新日:2015年11月04日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす