あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

不整脈を経験した人からのアドバイス

更新日:2018年12月05日

このページでは、不整脈にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全109件
  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    不整脈の病気は、心電図検査等で指摘される事が多い。学校や職場の検診でも心電図検査を実施している所は多いが、私の場合は病院を受診するまでに何度も定期検診で心電図検査を受けていたにも関わらず、一度も不整脈を指摘されたことがなかった。心電図の波形上では異常な波形を示しているものの、それまでの検診ではその異常を見落とされていたのである。定期検診を受けることはもちろん大切なことであるが、大人数が受診する検診では異常値を見落とされる可能性があることを忘れてはならない。主に定期検診の場にいる医師は内科医が多いと思われる。内科医にも循環器内科・消化器内科・呼吸器内科…といったように専門分野がある。自分の体の不調を感じた際は、面倒でも専門医のいる病院で診てもらうのが良いと感じた。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    先天性の心臓病ってこともあり、「心臓病に肺に…、年々歳々と弱くなったな~」と感じる場面が増えてきたなかでの、不整脈で眠れないってことに続き、その後に入院して不整脈用の薬を飲むって展開になったときは「とうとうか…」とも思いましたが、今はメキシチールにも慣れきて、うまく付き合っていけそうです。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    原因が先天的なものであるそうなのだが、何をすればいいのかは分からない。 規則正しい生活、バランスの良い食事、ストレスのない生活。この言葉くらいしか医師からは聞かされず、現段階でそこまで深刻な症状ではないと理解できた。
  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    手術の途中で目覚めてしまい、再度麻酔?をすることになった。 手術後、血が出てしまうのでしばらく動けなかったのが困りました。 相部屋の人と少し話せた。 思っているより、入院中は時間があるようでなかった。物を持ち込んだが ほとんど使わなかった
  • 電気的除細動による治療を受けた方からのアドバイス

    幼少期から感じていた胸の痛みが、まさか不整脈だとは思っていなかったし、当時は誰しもが起こる痛みだと思っていたが診断を受け、原因が不整脈であると知った。こどもは知識がないため、痛みを抱えていてもそれを病気だと気付かないため、それが病気だと知れるよう教育が必要だと感じた。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    不整脈はてんかんの薬のテグレトールの副作用で起こるものなので、特には感じないが、時々息苦しくなるのは 嫌だと思う。体が疲れた時に発生するので、日常は焦らずに行動しないように余裕を持って生活している 病院にならないとためにも緊張感をほぐし、余裕を持った生活を送るのがベストだと思う。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    急に、心臓の鼓動が激しくなると、一時動くのも辛いですが、病院と連携しているので、安心感があります。近くに病院があり、信頼できる医師がいらっしゃると、安心して生活していけそうです。健康を、意識するようになりました。

    60代女性の家族(この人の治療体験)

  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    診断にて病気が分かり、通院、入院をしたら、お金はかかるし痛いし、健康が一番だと実感した。困ったことは入院をしたら、自由がきかなくなるし退屈だと思った。もっと心臓や病気の事を勉強しておけば良かった。近年、病気は大抵治せる時代だから気落ちせずに安心したら良いと思う。
  • 抗血栓療法による治療を受けた方からのアドバイス

    ワーファリンを服用しているため、大きなけがをしたときが心配である。また、軽く打撲しただけでも内出血になってしまうため、気をつかうことが多くなった。ワーファリン服用のほかにももっと医師には治療方法を教えてほしい。
  • 外科療法による治療を受けた方からのアドバイス

    病気と言えるほど、重症ではないものの、どうしても、力んだ時や、お風呂に入っている時や手を洗ったりしている時などに心臓がドキドキしたりすることが多く、軽度の不整脈ならいいが、未だに医師からの診断結果にあまり納得がいってないです。日によってまちまちなので軽度の不整脈なのかな…と思う時はありますが。
  • III群抗不整脈薬による治療を受けた方からのアドバイス

    不整脈の原因は心房細動によるものだと説明されたが、原因はわからないといわれ正直不安にもなったが、直接的に死ぬ子てゃないといわれたのが良かった。今後はなるべく整った生活リズムで暮らすように意識するようになった。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    何かおかしいことが起きたら、遅くなる前に病院にすぐ行くことをお薦めします。痛みであれ、かゆみであれ、何か体の不都合を表わしているのですから。検査してもらえば、その病気も判明するはずです。薬も忘れずに、積極的に飲みましょう。
  • 外科療法による治療を受けた方からのアドバイス

    規則正しく、ストレスのない生活を送ることが一番だと感じた。会社での残業は極力しない、3食ちゃんとしたご飯をとること、ストレスをためこまず上手く発散する、運動をすることが大事だと思った。病気になるとこれらのことが困難になるうえに、鬱になりやすかった。
  • 電気的除細動による治療を受けた方からのアドバイス

    日頃からストレスをためすぎると、このような不整脈が起こりやすくなります。いかにストレスを発散するか、また、ストレスをどれだけ除去できるかがポイントになります。生活習慣を見直し、衣食住のバランスのとれた生活が大切と考えます。
  • 外科療法による治療を受けた方からのアドバイス

    やはり定期的に病院で検査を行い何か悪いところがあったらすぐに治療にかかるとある程度軽い症状で早く治ると思います。などで健康診断などで引っかかったらすぐに病院に行き治療を行うことが一番大事だと思います。
  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    心臓の病気というと、患者さんはとても不安になると思います。私は、その不安のせいで、余計に動悸が激しくなって胸が苦しくなり、さらに不安になる、それでさらに胸が苦しくなるという悪循環に陥っていました。でも、専門の病院で、簡単に治療できると説明を受けて少し楽になりました。ですから周りの方は、なるべく患者さんが不安にならないように気遣ってあげるといいと思います。
  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    家の階段を上がるのもつらかったので、健康なことはとても大事だと思った。 術後は、しばらく家族が家事をしてくれたので感謝です。 治療が言われていた以上につらかったので、もう少し大変だと言ってほしかった。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    母親のようにペースメーカーを取り付けると日常生活にも多少の不便があるが、投薬のみであればそのような問題はなく心房細動もあまり発生せず生活できるので薬は嫌がらずにきちんと飲むべき。とにかくねたきりになったりしないようにすることがいちばんだいじ
  • 抗血栓療法による治療を受けた方からのアドバイス

    一人暮らしだったので、入院の準備が大変だった。何が必要なのか等の常識がなかった為に、病気だけじゃなくて準備や費用等のストレスも大きかったように思う。退院後は、食事と睡眠と運動には気を遣うようになった。
  • 外科療法による治療を受けた方からのアドバイス

    そもそも何も説明がない状態(それは放置して可、という結果であったことに他ならないが。。。)であったため、一体何が悪くてそうなるのか、あるいは、どうすれば改善あるいはそのような状況にならないか、等の情報が得られなかったため、先々同様の状況で悪くなった時の事を考え、何らかの知見を得ておけば良かったと考える。
  • カテーテルアブレーションによる治療を受けた方からのアドバイス

    とにかくおかしいと思ったら、すぐ救急車を呼ぶこと。また血圧が高いと思ったら、すぐに病院にかかり、医師の診断を受けること。また、今の時代、病院への入院では、病棟はすべて禁煙になっているので、たばこは今すぐやめた方がよい。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    症状が何をきっかけに出てくるのが分からず、病院にいっても症状が出ないと診断が出来ない。本人にはとても不快なのだが他人に上手く伝わらず悲しくなる。診察を受けて問題ないとの事で安心できたが、それでも症状はたまに出てくるので不快なのは変わらない。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    わたしの場合は幸いにも大きな外科手術などの治療を必要とするようなものではありませんでしたが、やはり不安でしたし、何か重篤な病気が隠れていたら…などと考えました。 この病気に限ったことではないけど、何か自分の心身におかしいな?と思えるようなことがあれば、早めに受診したほうがよいと考えます。 怖い気持ちも解りますし億劫かもしれませんが、早め早めを心がけたほうがいいです。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    胸に違和感をおぼえ脈拍に異常があり非常に不安になりました。 病院に行って診察後点滴投与された薬で(薬名は不明)すぐに症状はよくなったので安心出来ました。 血統数値の異常のせいだったのか定かではありませんがよかったです。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    20代半ばでも一度指摘され検査を受けたが、30年前ということもあってか、当時は特に異常なしという結果であった。今、思いおこすと小学生の時朝礼時に失神して倒れたことが何度かあったのも、不整脈の影響だったのかもしれず、当時に調べておけば良かったと思う。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    自分の場合は「この程度(20秒~2分程度)呼吸が出来なくても問題ないな」と3年程放置していたのですが、やはり少しでも「おかしいな」と思ったら病院へ行った方がいいです。私は放置したツケが突然きて、過呼吸と無呼吸の繰り返しが約15分間おこり、座っているのも困難で床に丸まって独りでもがきながら「このまま死ぬのかな」と思ったくらいです。言葉も発することもできず、視界も徐々に白くなってきていました。こうならない為にも日々、ストレスを溜めすぎない事と発散するとこがとても重要なんだなと本当に切実に痛感しました。私はストレス発散が凄く下手で、貯蓄しすぎた結果、不整脈になったと言われました。治療は様々な方法があると思いますが、漢方で治療できてよかったと思っています。今より酷くなったらペースメーカーを入れなくてはならない、と言われていた状況から副作用なしで漢方で治りました。私は約1年程かかりましたが、漢方治療、オススメです!
  • 抗血栓療法による治療を受けた方からのアドバイス

    別の疾患(人工関節になった)もかかえているのもあって、どっちみち激しい運動はできない。自営業なので外周りは嫁さんと交代してもらって店番をしている。たばこはいっぱつでやめられたが、ビールじゃ週3回ぐらい飲んでいる。外で飲むことはなくなった。たばこはやめたほうがいいですよ。
  • Naチャネル遮断薬による治療を受けた方からのアドバイス

    他界した母も不整脈を患っていたので、遺伝が関係あるのか知りたかった。また、この病気は様々な原因が考えられる病気と説明を受け、日常生活全般や環境も大きく影響することを痛感した。過度なストレスを感じるときに以前と同じような症状にみまわれることが多いので、可能な限り予防に努めている。
  • 抗血栓療法による治療を受けた方からのアドバイス

    発症顔しばらくは安静にしていなければならないこと。仕事に行けないこと。私の世話で家族に迷惑をかけてしますことに罪悪感が感じてしまった。このような状態になった場合の仕事への参加の仕方や、公的に受けられる支援などを教えてくれるばんぷれっとなり、強制の広報誌等記載をしてほしい。
  • 抗血栓療法による治療を受けた方からのアドバイス

    人生で初めての入院生活だったが、概ね快適だった。入院前の不摂生が身に染みて良くわかった。退院後は、現在に至るまで、減塩を中心に食生活を変えている。入院するとあんなに睡眠時間が増えるのかと自身で驚いた。

もっと読む