あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

III群抗不整脈薬(Kチャネル遮断薬)不整脈

概要

心臓の細胞の興奮時間をコントロールすることによって、必要以上の興奮の伝導を抑え、正常な脈を保つ効果があります。不整脈の種類や特徴により選択される、あるいは他の薬と併用して使用されることがあります。

他の治療法に比べての優位性

他の治療と比べ身体的な負担が少なく治療を継続できます。心機能低下のある方も使用できます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

発作が時々で慢性ではないため発作時に飲むように医師に言われた。
心臓ペースメーカの必要までは認められなかったため、医師からの勧めで服用をしている。

留意すべきこと

副作用として重篤な不整脈、心臓、呼吸器障害の発生があり、専門医の管理のもとで使用されることが望ましいとされています。

実際に感じた効果

商法されたサンリズムを飲むことによって症状が治まりやすくなった。現在は、ここ数年、発作が出ておらず、経過観察状態である。
アンカロンと言う薬を200mgを1回として1日2回服用している。心臓の鼓動が空回りするような症状が減り、安心して日常生活を送っている。

副作用と対策

不整脈

重篤な致死性不整脈や極度の徐脈など不整脈の悪化をおこす場合があります。

専門医の管理のもとで使用が継続される薬です。自己中断、自己調整は控えましょう。継続的に受診し投薬の調整が受けられるようにし、異常を感じた場合はすぐ医師に報告しましょう。

間質性肺炎

薬に対する免疫反応が原因で、肺胞が炎症して動脈中に酸素が取り込みにくくなり、息切れや息苦しさ、咳、痰、発熱などの症状があらわれることがあります。

定期的に検査を受け体調を確認します。風邪と勘違いしてみすごしやすいですが、症状があらわれた場合は医師に報告しましょう。投薬の中止や治療計画の変更を行います。症状によりステロイドを投与することもあります。

甲状腺機能障害

甲状腺の機能が亢進または低下することで、代謝が活発になり発汗、動悸、体重減少、倦怠感、抑うつ、眠気、寒気などの症状があらわれることがあります。。

定期的に血液検査などを行いますが、症状があらわれた場合は早めに医師に相談しましょう。投薬の中止を検討することもあります。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

心機能低下

心臓の働きを必要以上に抑えることで、心臓への負担が増し、心機能低下によることで、全身の血液循環が悪くなることがあります。むくみ、動悸、息切れ、疲れやすい、呼吸困難、胸痛、不整脈などの症状がおこる場合があります。

自己判断による薬の量の調整は状態を悪化させる危険性が高いため、行わないようにしましょう。また、日常的に血圧や体重の測定を行、気になる症状などがあれば医師に相談するようにしましょう。 また、血液循環不全により足がむくむことがあります。足の甲や脛(すね)を指で押した時に皮膚がくぼんだまま戻らない場合、むくみがあると判断できます。 薬の調整によって緩和が期待できるため、症状が気になる場合は早めに医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

薬を飲用しても副作用はまったくでなかった。
服用し始めのころ吐き気や食欲不振を感じたが、現在はめったに感じることはない。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

薬剤3000円(1ヵ月分)

一般的な所要時間

症状が治まるまで長期で治療を行います。

適用される患者

症状があり、治療対象となった頻脈性不整脈の方

下記の方は適応をさけましょう。
妊娠中の方、腎機能の悪い方、肝機能の悪い方、甲状腺機能の悪い方

更新日:2016年10月26日

参照元:(不整脈薬物治療に関するガイドライン2008年度合同研究班http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf(閲覧日:2015年8月5日),不整脈の非薬物治療ガイドライン2010年度合同研究班http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_okumura_h.pdf(閲覧日:2015年8月5日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月5日))

体験談をさがす

III群抗不整脈薬(Kチャネル遮断薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす