あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

Naチャネル遮断薬(抗不整脈薬、クラスIa郡)不整脈

概要

心臓の細胞の興奮時間をコントロールすることによって、必要以上の興奮の伝導を抑え、正常な脈を保つ効果があります。不整脈の種類や特徴により選択される、あるいは他の薬と併用して使用されることがあります。

他の治療法に比べての優位性

他の治療と比べ身体的な負担が少なく治療を継続できます。心機能低下のある方も使用できます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

10年以上まえのことなので、覚えていません。 主に糖尿病の治療だったと思います。
不整脈の原因が、精神的要因であるという疑いから、精神科を受診するように紹介状を書いてもらったので、緊急的な措置として処方された。
費用が安く、通院する時間も取れなかったので投薬で治療することを基本に医師と相談して決定した

留意すべきこと

使用量の丁寧な管理が必要とされており、定期的な受診が必要です。他の病気による体調変化を悪化させる可能性もあるため、注意が必要です。

実際に感じた効果

診断をされてから、アミサリンという薬を処方され、毎日飲み続けている。特別何か薬の作用が起こったという印象はないが、その後の定期検診ではいつも正常に治まっている。
検査の結果でアスペノンカプセル10を処方されることになり、それを飲み続けることによって大きな不整脈は発生しておらず定期的な24時間の計測でも大きな異常は見られない
あのとき診察を受けてから、医師のアドバイス通りの行動などをし、主としてメンタル面での改善に務めるようにしてから、症状も改善されていきました。 今にして思えば心因性だったのかなと感じます。

副作用と対策

不整脈

必要以上に脈が遅くなり、めまい、ふらつき、気分不快などの症状があらわれます。症状が強いと息苦しさ、胸の痛みが生じることもあります。

症状を自覚した場合は転倒に注意し休息を取りましょう。横になり足を高くすると楽になる場合があります。薬の増減、変更により症状のやわらぎが見込めますが、自己中断、自己調整は控えましょう。腎機能、肝機能に異常のある方は副作用が強くなる恐れがあります。継続的に受診し投薬の調整が受けられるようにしましょう。

喘息発作

喘息の発作をまねく可能性があり、咳き込む、「ゼーゼー」あるいは「ヒューヒュー」と音のでるような息をする、息苦しさを感じるなどの症状があらわれることがあります。

自己判断はせず、決められた分量を服用しましょう。症状があらわれた場合はすぐに医師に報告し、投薬量の変更や投薬の中止を検討します。症状により吸入薬で対処することもあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

コレと言って特にはありませんが、強いて言えば、飲み忘れると不整脈がでて気になるぐらいです
副作用のようなものはありませんでした。先述のとおり、薬などは服用していないためです。
グレープフルーツなどを食べると振戦が出ると聞いた。症状ですこし出たが大したことなかった。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

一ヶ月他の薬と一緒に払っていますので、くわしくはわかりませんが、2000円くらいです。
1か月に1回程度、血圧検査をして薬を処方してもらっているので、そのたびに診察料1500円と投薬料700円程度の支払い
覚えていません。 メインテート錠は現在では別の持病でかかっている神経内科の主治医が、他の薬と一緒に処方してくださっています。薬の種類が多いので、内訳は判りません。

一般的な所要時間

症状が治まるまで長期で治療を行います。

適用される患者

症状があり、治療対象となった頻脈性不整脈の方

下記の方は薬の選択を医師と相談しましょう。
妊娠中の方、高齢者の方、腎機能の悪い方、肝機能の悪い方、喘息の方

更新日:2016年10月26日

参照元:(不整脈薬物治療に関するガイドライン2008年度合同研究班http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf(閲覧日:2015年8月5日),不整脈の非薬物治療ガイドライン2010年度合同研究班http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_okumura_h.pdf(閲覧日:2015年8月5日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月5日))

体験談をさがす

Naチャネル遮断薬(抗不整脈薬、クラスIa郡)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす