あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

狭心症(AP)を経験した人からのアドバイス

更新日:2018年11月13日

このページでは、狭心症にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や治療を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全100件
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    狭心症になり、就職の幅等も狭くなり、大変ですが、そういう既存病を持っていても働ける職場をもっと増やしてほしいです。 私はもっとも軽い部類だったのでよかったですが、重い方は大変だと思うのでもっと働ける職場を増やしてほしいと思います。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    私のように、まれに冠状動脈が痙攣するタイプの方がいますが、これは日常の検査等では発見できません。このようなタイプの人の発作を誘因する原因としては、ストレスや睡眠不足があるとされています。発作は予告なく突然襲ってきますので、規則正しい生活をして、しっかり睡眠をとるとともに、ストレス回避をしっかりする必要があります。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    早朝のランニングは心臓への負担が大きいということであり、知っていれば行わなかったと考えている。医者からは一度でもこのような事が起きると再発の危険性があると言う事で、現在も、月一度の医者通いと薬の服用を続けており、これらが負担になっている。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    自覚症状もなく、たまたまの人間ドックで病気が分かって良かったとは思う。そうでなかったら悪化していたか突然、発作を起こしてあの世行きという事も無きにしも非ずだった。定期健診などは年に1回は受けた方が良いと思う。もしもの場合でも早期発見につながるので。生活面でも食事のメニューなど少しは気にするようになり頭の片隅に意識があるので無茶はしないようになった。
  • 抗血小板療法による治療を受けた方からのアドバイス

    今は、特にないが、違和感があり、調べるためには、CTカテーテル検査があるが、費用の問題もありどのような検査が最良であるかがわからない。良い方法があれば知りたい。何がベストであるかを示してほしい。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    薬を飲み続けての副作用は大なり小なりあるようには感じていましたが、実際にどのような副作用で困っておられる方がいるのか不明なので、詳細を知りたいです。将来のために心しておくことはないだろうかと案じています。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    極度の睡眠不足と、カフェインやアルコールの摂取が過剰だったのが原因の一つだったためそれらを控えるような生活にするようにこころがけるようになった。また心臓への負荷があまりかからないように急に運動をしたりすることも避けるようになった。
  • 冠動脈バイパス手術による治療を受けた方からのアドバイス

    人間ドックにて異常を発見され早めに処置できたので大事には至らなかったので、大変喜んでいます。日ごろの定期的な健康診断の重要性と早期発見、早期手当、処置がいかに大事かということを今回の病気により再確認することができました。日頃より健康について意識するようになりました。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    生活上の注意点は、規則正しい生活を送ることが重要と思っている。毎日三度の食事と魚と野菜料理を中心とした生活を心がけている。当然ながら味付けは、1日の塩分摂取量を5グラム以内におさえだし を多めにきかせた食事を心がけている
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    普通に生活していて、習慣にしているウオーキング中に息苦しいことが何回か発生し、まさか心臓の病気と思わなかったので深く気にしてなかったが、かかりつけの内科で相談して早期で発見できたのが良かったと思う。何でも相談できる近くのお医者さんは大事です。
  • 経皮的冠動脈インターベンションによる治療を受けた方からのアドバイス

    我慢せずに早く病院で診察することが大事です。「病は気から」と言いますが、病気になってその事ばかりを考えていると、良くなるどころか悪化していくだけなので、体を大事にしつつも前向きな見方をもって活動するようにしましょう。
  • 冠動脈バイパス手術による治療を受けた方からのアドバイス

    心臓発作の病気は心筋梗塞症だと思っていたが狭心症という結果の病気はよく理解できていない。糖尿病や前立腺肥大症や眼底出血黄斑網膜症と皮膚アレルギーにて老後の治療ケアーには適度な運動と無理のない生活態度で食事に気を付けるようにしましょう
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    10分以上の徒歩では途中休憩をはさむ必要がある。階段の昇降も同様で以前のような一気に駆け上がるようなまねは現状では難しい。あまり負荷をかけすぎると胸が息苦しく感じるので、安静にしていることが多くなった。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    生活習慣がなかなか改善しにくく薬にたよっている状態であり病気が今の状態で保っているとおもうし心臓付近の痛みもあまりなく今の状態より悪くなった場合どのような対処してよいかわからないので医者によく聞いてみようとおもっている
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    食事には気をつけて下さいと言いたいですが、人生一度きりなので、不摂生には十分気をつけて、美味しいものを食べて、飲んで、悔いのない人生になるように、身体をいたわってあげて下さいということをいっておきたいです。

    60代男性の家族(この人の治療体験)

  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    発作ひどい時は車を運転中でも起きるため運転が怖かった。冷たいものを触ったりすると発作が起きやすかったので触らないように気をつけていた。タバコも吸っている人の近くには寄らないようにして、友人にも協力してもらい自分と一緒の時は吸わないようにしてもらっていた
  • 経皮的冠動脈インターベンションによる治療を受けた方からのアドバイス

    自分の狭心症は生活習慣で起きたと思う。仕事柄、座って仕事をすることがほとんどで、昔はたばこを吸っていた。さらに中年太りにより無呼吸症候群になっていたんだと思う。(これは後から気づいて現在CPAPで治療中)3年ほど前から毎日ウオーキングをして健康に気遣っていたのだが、昨年また狭心症の症状が出て再度ステントを入れた。やはり健康のため痩せなければならないと思った。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    自分が狭心症の診断を受けるとは思っていなかった。数年前より時々、寝る前などに心臓が締め付けられるような痛みを感じるものの、数分で痛みは取れるし、その後特に痛みが続くこともなかった。それが1年に数回ほどなので特に医師にも報告もしていなかった。しかし、なんとなく話した時、医師から精密検査を受けるよう指示があった。結果今につながっている。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    根本的な背景として高血圧、高脂血症など生活習慣病の症状があり、食事や運動などの継続的な対策を怠らないことが重要であることは観念的にはわかるが、ストレスや精神的な要因で、どうにもならない時があるのも現実で、生き方を変えない限り、病気は改善しないとの意識です。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    狭心症のため体調が悪いことが多いが、ケガと違って外見では心臓の病気は分からないので、心臓が重く感じられて仕事に集中できなくても、周囲からはヤル気がなくてサボっているように見られてしまうことは非常に困る。
  • 経皮的冠動脈インターベンションによる治療を受けた方からのアドバイス

    早めに血管の詰まりに気づいて助かった。手術の負担も非常に軽く医学の進歩に感謝。高額療養費制度により費用負担も10万円程度と安くて非常に助かった。一病息災でこれから先は病気と長く、そしてうまく付き合っていきたいと思います。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    日ごろの生活習慣が病気に大きな影響を及ぼしていることを強く感じました。発症してからでは遅いので、日常生活が大事です。またそれを実行するには強い意思が大事なのと、家族の協力が必要です。医師からアドバイスされたことを大きな紙に書いて張り出すと、長続きします。

    60代男性の家族(この人の治療体験)

  • 冠動脈バイパス手術による治療を受けた方からのアドバイス

    違和感を感じたら、すぐに病院に行くこと。 仮に薬物療法ではなく、何らかの施術が必要と言われてもジタバタせず、医者を信用すること。 冠動脈形成術(PTCA)、冠動脈バイパス術は、今では特別な施術ではないこと、今では当たり前に行われている施術であることを理解し、医師の進める施術術を受けること。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    まず、病気の名前を知らなかった。血圧が高いだけ、頭が痛いだけと自己判断で病院に通っていたが、血圧が高いだけでこんなにもほかの病気とつながっていることがわかってびっくりしている。イエス、ノーで、わかる(かもしれない)病気の判断シートなどがあったら、もっと病気に興味もで体のことをもっと気遣うのではないかと思います。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    病院になって感じたことは、日本の技術はとても進んでいて、世界屈指だなぁっとつくづく思った。今後もますますの発展をご祈念申し上げます。それでいて、困ったことは、費用がかかり、払いきれなくなったことが1番困った。食生活の改善にも配慮していただければなぁと感じておりますので
  • 経皮的冠動脈インターベンションによる治療を受けた方からのアドバイス

    ただ脳梗塞は何回か起こしており、右片麻痺・ふらつきはある。合計3年ほど休職しており体は回復はしていない。現状は杖なしで何とか自立歩行できる程度。右片麻痺の影響で軟骨がすり減り2センチほど身長が短くなった。右膝が痛みに耐えかね人工関節に変えた。45日ごとに通院しており費用も1回4万5千円ほどかかる。かなり生活が苦しくなる。
  • Ca拮抗薬による治療を受けた方からのアドバイス

    狭心症に対してはまずは高血圧の場合は確実に注意が必要であること、さらに喫煙習慣や飲酒・肥満等が重なるとかなり危険なことがわかった。またそのような環境下で、症状(胸部の痛み)を感じたらすぐに検査に行くべきである。手遅れになれば心筋梗塞で命も危ない。 高額医療に対して健保組合のありがたさがはじめて感じられた。
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    機械(心電図やエコー)の検査結果では、異常は見られなくても、本人が苦しみの症状がみられた場合は、それを良く医師に訴えて、精密なカテーテル検査をしてもらうことが大切だと感じた。(2回目手術前の検査時は、5メートルも歩くのが苦しいときでも心電図検査は異常なかった)
  • 経皮的冠動脈インターベンションによる治療を受けた方からのアドバイス

    日頃の検診がとても大切でありなるべく早く検査を受けること 費用面では入院保険に加入していたためとても助かりました。また健康保険組合での高額医療制度の活用も助かります 日頃の自分自身の体調管理に気を付け、少しの異変を見過ごさずに自己判断せずに専門医への受診をお勧めします
  • 硝酸薬による治療を受けた方からのアドバイス

    暴飲暴食を避け、自然食品をできるだけ多く摂取し、味気ない食生活ではあるが健康を優先すべきと思います。 また、過度の運動は避け身の丈に合った内容に留めるべきと思います。 毎日、出来るかぎり歩くことを勧めます。

もっと読む