あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

狭心症(AP)

狭心症とは

心筋へ酸素と栄養素を運ぶ冠動脈の内側が部分的に細くなり、心筋への血流が悪くなることでおこる一時的な胸の痛みの状態、発作を狭心症といいます。
発作は労作時におこりやすく、安静にしていると多くは数分間でおさまりますが、安静時や就寝時にもおこることがあります。発作は数十秒から数分間続くなど、痛みの強さや持続時間は異なります。
一般に、生活習慣病をもつ方に発現しやすい病気です。症状のおこり方や発現する様式で、労作性(安定性)狭心症、不安定性(安静時)狭心症、冠れん縮性狭心症などの様によばれます。

症状と原因

胸痛、とくに胸が締め付けられるような痛み、圧迫感や重圧感をともなう胸の痛みを自覚することが多いです。上腹部の痛みと表現する方もいます。大量の冷や汗や胸元にひろがるような不快感をともなうこともあります。また、歯やアゴの痛み、めまいや耳鳴り、胸のあたりを中心に、腕、首、肩の痛み、喉が詰まるような痛みを感じる場合もありあります。

体験談

体験談を見るにあたって

狭心症の多くの原因である動脈硬化の進行をふせぐことが大前提となります。
そのため、喫煙者はまず禁煙しましょう。また、日常生活において適度な運動や食事の制限を行うほか、併発している高脂血症、高血圧、糖尿病などを治療し症状のきっかけとなるリスクを最小限に抑えまる必要があります。
それらを踏まえたうえで、薬物療法、カテーテル・インターベンション、バイパス手術などを症状や重症度にあわせ検討する必要があります。

更新日:2018年12月04日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす