あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

筋萎縮性側索硬化症(ALS)

筋萎縮性側索硬化症とは

脳から筋肉へ運動の指令を伝える神経である運動ニューロンが障害され、四肢など全身の筋肉が萎縮し、筋力が低下していく病気です。病状は常に進行し回復することはなく、人工呼吸器を用いなければ通常は2~5年で亡くなることが多いとされています。
筋肉が急速にやせていく一方で、同じ神経系でも、からだの感覚や視力、聴力、内臓の機能は障害をほとんど受けないことが知られています。
病気の経過は個人差が非常に大きいため、症状に応じた治療が重要となります。

症状と原因

初期症状は、一般に個人差が大きいといわれています。
手の指の使いにくさや腕の筋力の低下や、やせ細り、繰り返す手足の筋肉のぴくつきを最初に自覚することもあれば、話しにくさや食べ物の飲み込みにくさ(構音障害と嚥下障害)からはじまることもあります。
その他、筋肉の衰えにより呼吸がしにくくなる症状がみられる場合もあります。

体験談

体験談を見るにあたって

ALSは基本的に、改善がみられず症状が進行してしまう病気なため、唯一有効とされるリルゾールという飲み薬でも、可能なのは運動機能低下と筋力低下の症状を遅らせることにとまります。
その後の経過ににもっとも影響を与えるのは呼吸筋麻痺による呼吸障害ですが、これにたいしては人工呼吸療法により対処可能となってきており、以前に比べ長期の生存が期待できます。
そのため症状が進行しても、ある程度質の保たれた生活を可能にするために、リハビリテーションを中心とした対症療法が行われます。
■筋肉や関節の痛み:日々のリハビリテーション
■症状への不安や不眠:睡眠薬や安定剤の投与
■呼吸困難:鼻マスクによる呼吸の補助、または気管切開による呼吸の補助
■嚥下障害:嚥下しやすいやわらかい食事でも摂ることが困難になった場合は、腹部から胃へ直接管を通す胃ろうや、鼻から胃へ直接管を通し、流動食を補給
■意思疎通:会話ができなくなることで発生するコミュニケーション障害には、文字盤を使った新たなコミュニケーション手段の確立
そのほか、理学療法を並行して行う場合もあります。

更新日:2016年02月09日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす

関連する病気