あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー性蕁麻疹の体験談

初期の治療で頓服扱いだとしても不安を拭うため。又、継続することが好ましくないことも承知していたので早く減薬をしたかった為。

患者との関係:本人患者:30代男性治療時期:2016年9月
ステロイドプレドニン

アレルギー性蕁麻疹とは

アレルギー性蕁麻疹は、からだにぶつぶつとした赤い斑点があらわれ、斑点の中央部に、1~2mg程度の膨らみができる病気です。食べ物、食品添加物、動植物へのアレルギー反応によっておこります。仕組みとしては、アレルギーの原因物質(アレルゲン)が体の中で異物として認識されると、細胞からさまざまな化学物質が放出されます。その中のひとつであるヒスタミンが皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を血管の外に浸み出させることで、皮膚にトラブルがおこり、赤く腫れて発疹となります。また、ヒスタミンはかゆみを感じる神経を刺激するため、かゆみもあらわれます。

アレルギー性蕁麻疹の症状

満足度

プレドニンのみの継続はとても恐いから

副作用

治療履歴

上記

病気と症状について

全く身に覚えのない状況でした。
よくある青魚等のような食物的なことも過去に一度もなく、毎年あるとすれば、人より遅い花粉症(イネ科)でした。
3~4月の頃のスギより遅く、大体6月梅雨時期に体調を酷く崩す傾向がありました。
咳喘息のような症状が出たり、それによりあばら骨にヒビが入ることも。

肝心の蕁麻疹ですが、アレルギーというより医師はストレスとのこと。
人間なので大なり小なりストレスなんてあるもんだと思っていたので、正直戸惑いました。
原因不明と同じです。

症状は、まず全身に世界地図状態で赤みが伸びた状態。
初めの1ヶ月は寝ることもままならず、痒みでここまで苦しいのかというほど、のたうち回っていました。
掻くと拡がります。
更に蕁麻疹あなどるなかれで、喉、呼吸器に飛ぶと息苦しくなるほど。
夜中、日中問わず、突然訪れたので、持病パニック障害持ちとしては、生きた心地がしませんでした。

近くの皮膚科を何件も訪ねましたが、外用薬の処方が多く、とあるところでは、唯一プレドニン(ステロイド内服薬)が出たので、初めはある程度飲んでいましたが、ある種の頓服と気持ちを落ち着かせる意味もありました。
しかし、ステロイド内服薬の恐さはある程度理解していたつもりで、これだけを飲んで治るとも思えず、総合病院に。

意外と慢性蕁麻疹の方が通院されているようで、いつか治るくらいの気持ちで望む形となりました。

ザイザル2錠(寝る前)
タリオン1錠(朝晩)
ネオファーゲンC2錠(朝昼晩)
ファモチジン1錠(朝昼晩)

ここから始まり、初めはまるで治まる気配がなく何度も深夜に助けを求め、救急に入りましたが、次第に効果が出たのか、落ち着きを見せ、通院1年半の今、ようやくコントロール出来てるように思えます。
ネオファーゲンのみ辞めれました。
薬無しになり完治出来ることを願いつつ日々過ごしています。

参考:アレルギー性蕁麻疹にかかった他の人の症状は...?

日常的に顔、体、頭部にかゆみがあり軽度蕁麻疹、中程度湿疹の皮...

(続きを読む)

天ぷらを食べた30分後くらいに、まず掌が急激に熱くなるのを感...

(続きを読む)

アレルギー性蕁麻疹にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜステロイド(副腎皮質ホルモン)を選んだか

初期の治療で頓服扱いだとしても不安を拭うため。
又、継続することが好ましくないことも承知していたので早く減薬をしたかった為。

参考:他の人がステロイドを選んだ理由は...?

当時は授乳中だったため、飲み薬は避けたかったため。また、痒す...

(続きを読む)

他の人がステロイドを選んだ理由をもっと読む

ステロイドとは

炎症を抑えて、痛みや腫れを一時的に和らげる効果のある薬です。
アレルギー性蕁麻疹に外用薬(飲用しない薬)として用いると、副作用があり、効果が弱いです。よって、より効果の期待できる内服として使用されます。

「ステロイド」の概要

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の効果について

プレドニンのみの時は約1ヶ月以内
その期間になるべく多くの医者を訪ね、治療方法や他の方法を探し続けました。

結局総合病院にてザイザルを処方された後から次第に落ち着き、プレドニンを止めることが出来たことに関しては安心出来ました。

参考:他の人が感じたステロイドの効果は...?

かゆみがすぐに減り、赤みを帯びていた湿疹が茶色くかさかさにな...

(続きを読む)

他の人が感じたステロイドの効果をもっと読む

治療期間

2016年~継続中

治療に関する費用

ザイザル他計4種類約2ヶ月で薬代のみ9990円

副作用について

短期で辞めたのでとくになし

参考:他の人が感じたステロイドの副作用は...?

外に見えたり、気分で感じるほどの副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じたステロイドの副作用をもっと読む

アレルギー性蕁麻疹を患っている方へのアドバイス

パニック障害もちが、新たに原因不明の病気ともなると、本当に生きた心地がせず、将来の不安しかありませんでした。
保険は死亡保障以外、特に入っていなかったので、現在も治療費に関しては苦労しています。
何気ない普段の日常に突然起きたことだけに、ある意味怪我や風邪等のすぐ治る病なら良かったと思ったことも。
現在、服用以外は比較的普通の生活が出来ることは有難いことです。

参考:アレルギー性蕁麻疹を経験した他の人のアドバイスは...?

第2世代の抗ヒスタミンでも飲み始めは眠気、だるさ、疲労感があ...

(続きを読む)

アレルギー性の蕁麻疹は、体に蕁麻疹が出るだけで済めば良いです...

(続きを読む)

アレルギー性蕁麻疹を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年01月28日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

アレルギー性蕁麻疹の体験談をもっとさがす

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす