あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)のステロイド内服薬(副腎皮質ホルモン)の体験談

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)のステロイド内服薬に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、アレルギー性鼻炎のステロイド内服薬(副腎皮質ホルモン)を経験された方の体験談を掲載しています。
アレルギー検査の結果、ホコリや動物の毛が原因でした。セレスタミンはくしゃみ鼻水によく効きました (40代女性)」や「市販の鼻炎用内服薬は、鼻水を止めるだけでなく、身体中の水分を止めてしまう性質なのか、手のひらがカサカサになり、唾も出なくなって喉がカラカラになり、声が出づらくなるなどしました。さらには強烈な眠気という副作用もあり、日中、仕事中にはなかなか服用できませんでした。しかし耳鼻科で処方してもらったアレロックには市販薬のような極端な副作用はあまり感じられず、なおかつ保険が効くので市販薬よりも安く済むというメリットもあったので、治療法としてはとても魅力的で、印象に残っています。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-15件目を表示/全15件

ステロイド内服薬(副腎皮質ホルモン)とは

粘膜の炎症を抑え、鼻づまり、鼻水、くしゃみに効果があります。副腎から作られる副腎皮質ホルモンの一種で、1日2回~3回の食後投与が一般的です。基本的には1週間以内の短期投与が推奨されます。

ステロイド内服薬(副腎皮質ホルモン)の詳細はこちら

更新日:2017年01月16日

ステロイド内服薬(副腎皮質ホルモン)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす