あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

アレルギー性鼻炎の体験談

症状の重いときは吸引治療と投薬を併用しました。その後症状が改善し、今は現状維持のための投薬のみです。

患者との関係:本人患者:60代男性治療時期:2015年4月
満足度

今は症状が改善し非常に良くなりました。但し定期的に通院し症状が悪化しないよう診察を受けております。

副作用

病気と症状について

はじめ副鼻腔炎で治療していた。副鼻腔炎が完治しても炎症が治まらずアレルギー性鼻炎と診断された。1ヶ月毎に通院し薬を処方され服薬している。症状は非常に改善された。ステージについては特に告知はありませんでしたが最初は症状は良くない、重傷とお話し頂きました。症状と体調の変化を相談しながら薬の種類と量を判断頂き投薬治療を継続した結果約1年で非常に良い状態になりました。

なぜ第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)を選んだか

治療は耳鼻科の先生の指示通り行いました。症状の重いときは吸引治療と投薬を併用しました。その後症状が改善し、今は現状維持のための投薬のみです。

第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)の効果について

副鼻腔炎が完治しても鼻づまりがし、アレルギー性鼻炎と診断を受ける。吸引と投薬の治療を約1年継続。徐々に症状が改善し今は非常に良くなりました。

治療期間

治療期間:15ヶ月

治療に関する費用

薬剤:2.700円

副作用について

なし

アレルギー性鼻炎を患っている方へのアドバイス

特にありません。信頼できる先生に症状を話し的確な診断を受けたことが良かったと考えております。今の状態を継続するため定期的な通院を行う予定です。困ったときはまず診察を受け治療して頂くことが良いと思いました。症状体調を正直に話し先生のご指示通り継続したことが良い結果になったと考えています。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。

掲載日:2017年01月16日
気になる点を報告

アレルギー性鼻炎について実際に質問してみる

アレルギー性鼻炎の体験談をもっとさがす

第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす