あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)の体験談

皮膚の痒みがおさまらない場合は、加えてアンテベートクリームを塗布で普通に過ごせる。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2008年02月
ステロイド点鼻薬アレロック、アンテベートクリーム

アレルギー性鼻炎とは

鼻粘膜に付着したアレルギーの原因物質である“抗原”を、ウイルスや細菌のような有害物質だとからだが間違えて認識してしまい、その結果、抗原に対抗するための“抗体”が過剰に反応することで引きおこされる鼻粘膜の炎症です。

アレルギー性鼻炎の症状

満足度

まだ経過観察中だから

副作用

治療履歴

耳鼻科でアレグラ→皮膚の痒みが出た時に皮膚科で+ザイザル+サトウザルベ軟膏(リンデロン混合)→アンテベートクリーム→鼻中隔湾曲症で左鼻の中の骨を削る手術→皮膚の痒みとくしゃみで内科からアレロックを処方してもらい現在に至る。

病気と症状について

5歳の頃にアレルギー性鼻炎と診断され、当時は薬の処方なく、乾布摩擦をするよう言われていましたが、数年前、皮膚の痒み(掻いた部分が皮下注射したようにみみず腫れする)もあり受診。

参考:アレルギー性鼻炎にかかった他の人の症状は...?

もともと年中鼻水が出ていて、いつか通院したいと思っていたため...

(続きを読む)

鼻水が止まらず不安になった。アレルギー反応の検査を受けてスギ...

(続きを読む)

アレルギー性鼻炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜステロイド点鼻薬(副腎皮質ホルモン)を選んだか

皮膚の痒みがおさまらない場合は、加えてアンテベートクリームを塗布で普通に過ごせる。

参考:他の人がステロイド点鼻薬を選んだ理由は...?

アレルギー検査をし、アレルギーの原因をつきとめ、今まで効かな...

(続きを読む)

今までに使ったことのないタイプのものだったから。...

(続きを読む)

他の人がステロイド点鼻薬を選んだ理由をもっと読む

ステロイド点鼻薬とは

鼻に噴射して使う薬で、粘膜の炎症を抑えます。鼻づまり、鼻水、くしゃみに効果があります。

「ステロイド点鼻薬」の概要

ステロイド点鼻薬(副腎皮質ホルモン)の効果について

アレロック+ナゾネックスのみ。皮膚の痒みが出た場合のみ+でアンテベートクリームを塗布でおさまります。

参考:他の人が感じたステロイド点鼻薬の効果は...?

鼻詰まりがひどいので耳鼻科を受診したところ、アレルギー性鼻炎...

(続きを読む)

基本的に鼻炎になったその日だけ使用していました。点鼻薬を一日...

(続きを読む)

他の人が感じたステロイド点鼻薬の効果をもっと読む

治療期間

現在も治療中

治療に関する費用

覚えていない。

副作用について

なし

参考:他の人が感じたステロイド点鼻薬の副作用は...?

なし。...

(続きを読む)

特になし...

(続きを読む)

他の人が感じたステロイド点鼻薬の副作用をもっと読む

アレルギー性鼻炎を患っている方へのアドバイス

アンテベートはステロイドの中ではベリーストロングですが、注意点は、すりこまないこと。軽く塗る程度がベスト。

参考:アレルギー性鼻炎を経験した他の人のアドバイスは...?

医師によって技量の差がある。良い先生を探すべき。下手に大学病...

(続きを読む)

アレルギー性鼻炎は、アレルギーが原因なので、完治させるのはか...

(続きを読む)

アレルギー性鼻炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年12月01日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

アレルギー性鼻炎の体験談をもっとさがす

ステロイド点鼻薬(副腎皮質ホルモン)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす