あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)

概要

鼻づまり、くしゃみ、鼻水に効果があります。花粉症の場合、花粉が飛散する1~2週間前から服用をはじめます。

他の治療法に比べての優位性

初期に開発された第1世代ヒスタミン拮抗薬に比べ、眠気などの副作用が小さいです。

実際に治療を受けた方が選択した理由

飲んで数分ですぐに症状が改善されるのを実感できたので。また、じんましんもよく出てたので、それも服用すると治ったからです。
治療は耳鼻科の先生の指示通り行いました。症状の重いときは吸引治療と投薬を併用しました。その後症状が改善し、今は現状維持のための投薬のみです。
減感作療法は効果があると思われたが、連続しての通院が困難であったので、対処療法としての薬の服用にとどまった

留意すべきこと

効き目のあらわれが遅く、1~2週間は続けて飲む必要があります。アルコール、睡眠薬、向精神薬などと併用すると倦怠感、めまい、脱力などがあらわれます。

実際に感じた効果

病院でアレルギー性鼻炎と診断を受けてから現在までアレジオン錠20mgを常備薬として服用中 途中、ストレスや仕事の忙しさで悪化したので、アレジオン錠20mgとフルナーゼ点鼻液50μgを併用 妊娠とともに、一旦服用を中止し、断乳後ひどい症状のときのみアレジオンかフルナーゼ使い分けています。主にアレジオン錠を服用することが多いです。
副鼻腔炎が完治しても鼻づまりがし、アレルギー性鼻炎と診断を受ける。吸引と投薬の治療を約1年継続。徐々に症状が改善し今は非常に良くなりました。
漢方薬の服用によって、体質改善を試みたが、あまり症状を抑えることができなかったので途中でやめてしまった

副作用と対策

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

催奇形性

妊娠中の方が服用すると、胎児に薬の成分が胎児に影響を及ぼし心臓の異常や口唇裂などの奇形がおこる可能性があります。

妊娠中や妊娠の希望のある方は、医師に相談するようにしましょう。妊娠中の方には薬が適応とならない場合もあります。また、服用中止後も男女ともに一定期間の避妊が必要となる場合があります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

副作用はありません。ただし一般的に睡眠をとりやすい人は眠気に注意してください。自身による車移動は避け、公共機関を利用してください。
薬の飲み始めは少しの眠気とだるさは感じますが、段々体が慣れてくるのか日を追うごとに副作用を感じなくなります。 ただ、車の運転に関しては薬を服用していないときよりも判断が若干鈍り、反応が遅くなることを体で実感しておりますので、その時期は慣れない道の走行や自分で運転しての長距離走行は避けております。
服用期間3ヶ月間で5キロ増量 人によりますが、脂肪を溜め込みやすくなる人もいる。と担当医から聞きました。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

「通院」による「薬剤治療」のみで、3~4ヶ月間「通院」をし、「1ヵ月で、約1万円強」かかりました。

一般的な所要時間

症状がみられる間は治療を継続します。

適用される患者

抗原の除去、回避だけでは症状が収まらない方
※ただし抗原の除去、回避は原則として継続しましょう。

下記の方は適応をさけましょう。
肝機能障害や、腎機能障害のある方

更新日:2016年11月11日

参照元:(アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010日本アレルギー学会2010年協和企画,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

第2世代抗ヒスタミン薬治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

第2世代抗ヒスタミン薬以外の治療法をさがす

第2世代抗ヒスタミン薬と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

第2世代抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

第2世代抗ヒスタミン薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。