あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ケミカルメディエーター遊離抑制薬(抗アレルギー薬)アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)

概要

穏やかに作用し副作用も少ないため、初期治療に優れています。飲み薬、点鼻薬、目薬などさまざまな形式があります。

他の治療法に比べての優位性

全体的に副作用は軽く、眠気も出ないといわれています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

これを飲んで様子を見ようと言う事しかなく、実際服用すれば症状は治まり、不便はなくなったので続けている。飲むのをいつ頃止められますかと聞いても、様子は変わらず仕方がない。
1日2回の処方で忘れることもないですし、仕事上、眠くなりにくい物が必要であったからです。
日中に眠気がこなくて、朝と夜の2回錠剤を飲めば、日中は車の運転や仕事にも差し支えが全くなかったので、 つらい症状をいちはやく緩和したいと考えました。

留意すべきこと

効き目のあらわれが遅く、1~2週間は続けて飲む必要があります。効果は比較的弱めです。

実際に感じた効果

2月中旬から5月中旬まで三週間に1回通いました。スギ以外にヒノキもあったので、引き続き同じ薬を処方して頂いていました。 現在も毎年花粉の季節の3ヶ月間だけ治療に通っています。

副作用と対策

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

※現在調査中です

一般的な所要時間

服用期間:1~2週間

適用される患者

比較的症状が軽い方

更新日:2016年11月11日

参照元:(アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010日本アレルギー学会2010年協和企画,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

ケミカルメディエーター遊離抑制薬以外の治療法をさがす

ケミカルメディエーター遊離抑制薬と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

ケミカルメディエーター遊離抑制薬(抗アレルギー薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす