あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

レーザー治療(高周波治療)アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)

概要

レーザー光線により、鼻の粘膜を焼くことで、アレルギー反応をやわらげます。通常は1回ですが、複数回行われることもあります。

適用される患者

薬物治療の効果が弱かったり、行えなかったりする方、花粉症や通年性ハウスダスト、ダニアレルギーの方

アレルギー反応がでている方は適応をさける場合があります。
※アレルギー反応があらわれている方への治療は望ましくないとされています。そのため、花粉などがアレルゲン対象である方は、花粉が飛散しはじめる2月以降は治療が行えない場合が多くあります。

他の治療法に比べての優位性

歴史の浅い治療法ですが、技術は洗練されていおり安全性も高いと考えられています。また、出血も多くありません。

実際に治療を受けた方が選択した理由

なるべく薬の副作用の影響を受けず一度焼けば数年もつレーザー手術を受けて快適に過ごしたかったので。
薬を飲まずに済む期間が長かったことで、費用的にも抑えることができた点。薬を飲む手間が減った。
トータルで考えると費用がそこまで高くなく、何より一番効果があるということで選びました。

留意すべきこと

かさぶたによる鼻づまりや、歯の痺れがでる場合があります。またレーザーによる、ちくちくした痛みが生じることがあります。

実際に感じた効果

まず私が受けた診療所では左右の鼻腔を別々の日にちに治療しました。 第1週目では右だけ施術し、鼻血が引いたあと以前ほど鼻通りが悪くなくなり、まったく鼻で息が出来ないことはなくなりました。その次の週で左を施術し鼻血が引いたころに同様の効果を得られることを期待しましたが、最初の治療ほど効果は感じられず、左右で差がありました。 手術から2ヶ月ほど経って症状が再発しました。
術後は明らかに今までより薬を飲む回数は減り、調子がよくなりました。 いつも薬の副作用で眠くなければもう少しやれることがあるのにと思っていたので、 術前より活動的になれました。
12月に依頼して、1月には手術でした。 その年の春は全くと言っていいほど、花粉を感じることはありませんでした。 ただ、次の年からは花粉の影響を受け、今ではほとんどレーザー治療の効果は切れたような状況です。

副作用と対策

鼻づまり

鼻の中のかさぶたがボロボロとはがれ、鼻がつまることがあります。

数週間でおさまるとされます。症状が続く場合は医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

手術後2日程は炎症性反応でむしろ鼻炎症状が悪化します。その後うすいかさぶたができて、鼻の中がかゆくなります。2週間程度で落ち着きます。
レーザー治療で、鼻の粘膜を焼くとき、ピリッと刺激が少しありました。焦げ臭い、です。

費用

5,000~10,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

治療前の血液検査の診察4,000、レーザー治療10,000、処方箋1,300、術後の経過診察500円
1ヶ月300~4,500円(1ヶ月1回~頻度が多かったときの15回)…領収証によると、1回あたり100点で、保険3割負担で、1回が300円。

一般的な所要時間

治療期間:1日(日帰り)

更新日:2016年12月26日

参照元:(アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010日本アレルギー学会2010年協和企画,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

レーザー治療治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

レーザー治療以外の治療法をさがす

レーザー治療と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

レーザー治療(高周波治療)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

レーザー治療についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。