あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

減感作療法(特異的免疫療法)アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)

概要

アレルギーの原因となる"抗原エキス"を体内に取り込むことで、体質改善を進める方法です。2~3年かけて、抗原エキスを徐々に増量していきます。また、舌下療法(抗原エキスを舌の裏に垂らして飲み込む方法)は副作用が少ないので、自宅でも行うことができます。その場合、経過観察のために2週間に1度は医師の診察を受けることが必要です。

他の治療法に比べての優位性

長期の治療が必要ですが、薬物療法で効果がみられない場合には、次に行われる治療法が考えられています。欧米では広く行われています。

実際に治療を受けた方が選択した理由

費用の事は忘れてしまいましたが、その時の症状が辛かったので少しでも軽減したくて、もしかしたらこの治療で治るかもしれないとその時の友人に聞いたのと体の負担が軽いと聞きましたので、選んでみようと思いました。 自分のアレルギーに成っている原因のエキスを注射するので、完全に体内に浸透するまで少し日数が掛かりますが、副作用は無かったと思いました。 その治療のお陰で今が有るので良かったです。
鼻炎とともに難聴にもなったので鼻と耳に管を挿し両方から空気を入れるという治療法でした。 長い期間治療しなければならない方法でしたが毎回治療後は驚くほど効果があり病院に行く時と帰りが、あきらかに耳の聞こえが違いはっきりと聞こえる様になり効果を実感してこの治療法に決めました。

留意すべきこと

効果は3ヶ月であらわれはじめますが、継続して症状を抑えるには2年~3年が必要です。

実際に感じた効果

アレルギーの原因に成る物質のエキスを1週間に1回~2回注射します。1ヶ月~2ヶ月間は治療の回数も多いですが、その後は月に1回に成り1年~2年通院します。これは治療する方の病状にも依りますが。
注射を始めは週に1回~2回で、2か月位過ぎた時に月に1回の通院でしたと思います。 1年か1年半で症状も良く成り通院しなく成ったと記憶して居ります。結局は引っ越しをしまして、近くに杉の木が有って又症状が出てしまい、今は薬で何とか抑えられて居りますので内服薬での治療にして居ります。 ジェネリック薬品も有りますので使わせて頂いてます。
1回やってもらうだけでもはっきり耳が聞こえるようになり回数をかさねるうちにとても聞こえる様になってきた。

副作用と対策

アナフィラキシー

発疹や顔面のむくみ、呼吸困難や「ぜーぜー」「ひゅーひゅー」といった喘鳴(ぜんめい)、喘息のような症状、頻脈、血圧低下などが使用中または使用後にあらわれる場合があります。発症には個人差があるとされていますが、使用後30分以内にあらわれる場合が多いとされています。アナフィラキシーは頻度の低い副作用とされていますが、意識の混濁やチアノーゼといったショック症状など、重篤な症状になる場合があるため注意が必要とされています。なかでも、先天性IgA欠損症の方ではこうした過敏反応がおこりやすいため注意しましょう。

症状は投薬後5~30分以内にあらわれることが多いため投薬時は様子をみるほか、投与後15分は病院に留まり、医師の監視下にいるようにしましょう。息苦しい、気分が悪い、口腔内の違和感など症状があらわれた場合にはすみやかに医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

注射を打ったその次の日当たりに、打った部分が赤く腫れ、かゆみを伴いました。時に頭痛を伴いました。 妊娠中は、お腹の張りが強くなる症状が出て、緊急入院しました。それは、注射を打った当日でした。

費用

3,000~4,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

忘れてしまいましたが、未だ減感作療法の治療方法を遣って居る病院が少なかったと思います。
申し訳無いです、忘れてしまいました。 只その当時その方法で治療している病院が少なかったと思って居ります。

一般的な所要時間

※現在調査中です

適用される患者

長期に安定して病院に通える方で、救急用アドレナリンが使える方

下記の方は適応をさけましょう。
心疾患がある、喘息、免疫抑制剤を使っている方

更新日:2015年07月06日

参照元:(アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010日本アレルギー学会2010年協和企画,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

減感作療法治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

減感作療法以外の治療法をさがす

減感作療法と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

減感作療法(特異的免疫療法)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

減感作療法についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。