あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗原の除去または回避アレルギー性鼻炎(通年性アレルギー性鼻炎:、季節性アレルギー性鼻炎:花粉症)

概要

アレルギー性鼻炎になる原因を除去します。具体的に取りのぞくものは、以下のとおりです。

■ダニ
ダニの糞および死骸がアレルゲンとなります。床や寝具に付着しているダニアレルゲンは、布団の上げ下げなどをすることで空気中に舞い、鼻炎の症状を引きおこします。床の掃除は少なくとも3日に1度行いましょう。また寝具は、天日干しや乾燥機にかける、他にも直接掃除機で吸うなどして清潔を保ちましょう。布団だけでなく枕も手入れが必要です。また、床から30cm以上高い場所で寝ると床にいるダニの影響を受けにくいといわれているため、脚の長いベッドを使うのもおすすめです。さらに、ダニは気温25度以上、湿度70%という環境で増殖しやすい性質です。換気を十分に行い、加湿器を使わないようにすることで、増殖しにくくなります。ダニの発生源としては、室内でペットを飼っていることもあげられます。

■ペットの毛
とくに猫の毛はダニのアレルゲンよりも浮遊しやすく、衣服にもつきやすいものです。毛のないペットもフケなどがアレルゲンになりますので、注意が必要です。どうしても猫を飼いたいという場合は、オスよりもアレルゲンが少ないメスを選び、週に1回は洗ってあげましょう。

■真菌カビ
湿度を60%以下にすると、カビは繁殖しづらくなります。加湿器や室内干しは、部屋の湿度を上げてしまうため、なるべくさけましょう。また適度に換気をすることで、カビの増殖を抑えることができます。

■花粉
外出する場合はマスク、メガネを着用して、花粉に接触しないようにしましょう。屋内には持ち込まないようにすることが第一です、上着はつるつるとした素材を選びましょう。外から帰ってきた際には、室内ではなく玄関で上着を脱ぐこと、脱いだ服は叩いて花粉を落としてから室内に入ることなどを心がけると、症状がやわらぎます。また、それらと同時に洗顔、うがい、鼻をかむ、という習慣をつけることで付着した花粉を取りのぞくことができます。拭き掃除はこまめに行い、とくに窓の近くはよく掃除をしましょう。

ホコリなどの室内塵にはこれらのアレルゲンが混合してしまうので、掃除はこまめに行うよう心がけましょう。

他の治療法に比べての優位性

アレルギーは必ず原因物質があるため、まず除去からはじめます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

薬などは貰わずに、自宅で治療しても大丈夫だと安心し、安く済んでよかったです。原因になっていたダニを退治するために、朝、布団を干したり、夜には、ダニは夜行性なので、暗めな部屋のところを掃除機をかけたりしていました。
症状を抑えるのではなく、前もって予防的に服用するという点が印象に残りました。 おかげでつらい思いをすることが減り、楽に続けられました。 1日1回、就寝前に服用するだけという手軽さもよかったです。
例年夏は鼻づまりが酷いが、転居後嘘のように症状が出なかった。今年は調子が良いだけと思ったが、実家へ帰省したらその間だけ症状が悪化した。実家周辺はイネ科の植物も多いが、水稲の花が咲く時期に特に症状が増悪する事が判明した。転居後は、いつでも鼻水がたれる状態でなくなり、耳鼻科の受診も通年する必要がなくなって、スギ花粉の時期と鼻症状がひどい時期だけで済むようになった。

留意すべきこと

全ての抗原を除去することは難しいため、ストレスにならない程度にできる範囲で行うことが大切です。

実際に感じた効果

治療法といっても処方薬や市販薬の服用が主であり、特に印象に残っていない。強いて言えば、薬の副作用で喉の渇きや眠気があったぐらいという記憶しかない。
アレルギーの原因となる抗原を、血液検査によって特定します。抗原が特定されたら、生活環境からなるべく抗原を除去したり遠ざけるよう意識するだけで、症状は劇的に治まりました。
耳鼻科受診前の症状:鼻づまり(鼻かぜの症状)、鼻奥の痛み(水が入ってしまったときのような痛み)、頭痛、奥歯の痛み、歯茎がういているような不快感。 耳鼻科受診後:上記各種の不快感・痛みの軽減、 薬の服用:症状の改善・完治 上記内容を、発症毎に繰り返している状態です。

実際に感じた副作用

副作用はもちろんありませんでした。ダニ退治するだけで、アレルギーというものがなくなってきたからです。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

一般の通院・薬の処方ですので、一回当たり3000円程度。また、家庭内での空気清浄機や加湿器などの購入で10万円程度の出費は一度だけありました。
医療を受けたのではないため0円 別件で受け、アレルゲンが判明したアレルギー血液検査は2000円程度

一般的な所要時間

症状がみられる間は治療を継続します。

適用される患者

全てのアレルギー性鼻炎の方

更新日:2016年10月26日

参照元:(アレルギー疾患診断・治療ガイドライン2010日本アレルギー学会2010年協和企画,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

抗原の除去または回避治療について、実際に質問してみる

他の治療法をさがす

抗原の除去または回避以外の治療法をさがす

抗原の除去または回避と他の治療法を比較してみる

体験談をさがす

抗原の除去または回避の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

抗原の除去または回避についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。