あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)とアモキシシリン(広範囲ペニシリン系抗菌薬、抗生物質)の比較アレルギー性紫斑病(血管性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病、IgA血管炎、ヘノッホ-シェーンライン紫斑病)

適用される患者

他の治療法に比べての優位性

留意すべきこと

副作用と対策

一般的な所要時間

体験談件数

-/全1
-/全1

体験談評価平均

-/5.0

疾病平均4.0

-/5.0

疾病平均4.0

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外のアレルギー性紫斑病の治療法

参照元:(血管炎症候群の診療ガイドライン2008日本循環器学会http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2008_ozaki_h.pdf(閲覧日:2016年2月18日),難病情報センターhttp://www.nanbyou.or.jp/entry/4657(閲覧日:2016年2月18日),慶応義塾大学病院医療・健康情報サイトhttp://kompas.hosp.keio.ac.jp/contents/000717.html(閲覧日:2016年2月18日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2016年2月18日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

アレルギー性紫斑病についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす