あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

無顆粒球症(顆粒減少症、好中球減少症)

無顆粒球症とは

血液中にある白血球のうち、細菌を殺す働きをする好中球(顆粒球)が減り、細菌に対する抵抗力が弱くなることで、感染にともなう症状があらわれる状態のことです。

症状と原因

好中球の機能が著しく落ちるため、風を引いたような症状がみられることが多いです。続く発熱や喉の痛みは代表的な初期症状です。

体験談

体験談を見るにあたって

治療方針としては無顆粒球症の原因を取り除く、感染症の治療をしていくことが基本となります。
薬が原因になっている場合、原因となっている薬の使用を中止することで、好中球の回復が期待できます。逆に薬の使用を中止しないで放置をしてしまうと、そのまま死に至ることもあります。
薬以外の原因の場合は、その症状を治療し改善していくことが無顆粒球症の治療にもつながります。

現在無顆粒球症の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。